FC2ブログ

デュエリストの格付けの話のおまけのおまけ

というわけで、個人的に面白そうだと思った、鋭兵の試練ランキングと争覇ワールドの官位君主、あと通常デュエルの順位あたりを整理してみたので、結果を元に適当に思ったことを書いてみます。ちなみに、相関係数というのは、通常デュエルランキングの順位と鋭兵の試練ランキングの順位の相関係数ですね。個人的には、争覇ワールドの君主官位1等級以上は、いわゆる鯖で主力を張れる人というイメージです。

w1

w1は、鋭兵の試練の上位に1等級とか太守とか九卿といった、鯖の主力級の人がランクインしています。ただし、相関係数は、5つの鯖の中で一番低いこともあり、w1デュエルが乱戦となっていることを裏付けている気がします。君主官位が一番低いのが6等級ののりたまさんということもあり、あえて言うなら一番のりたまさんがこの中ではデュエルに特化していると言ってよいのかなと。デッキパワーが強いことは、色々と育てないといけないカードがデュエル以外にでてくるので必ずしもデュエルには有利ではないですし、やはりのりたまさんが勝てているのは目利きとかデュエル仕様の理解度とかで、アドバンテージを稼いでいるんじゃないかなと思いました。

w3

w3は、自分で言うのもなんですが、専業デュエリストが牛耳っている鯖と言えるでしょう。9等級の私が1位、8等級のきωたさんが2位ということで、専業デュエリストの底力をこれでもかと見せつけています。一方で、3位に争覇丞相のチョコさん(当時はひさぴょんさんでしたが、中の人が同じなので)がいるのも特徴で、私の考えだと、チョコさんはCP無限の人の中では一番デュエルが分かっているので(理解度は多分私と同格だと思う)、デュエルにおける課金上限の天井が撤廃されたら逆転されると思ってます。個人的には、サービス終了が先か、SL水鏡の無制限購入の解禁が先かというチキンレースですね。専業デュエリストが強いという私の理論は、w3の環境から来てます。

w4

今回分析した中で一番すげーなと思ったのがw4です。w4はデュエルが盛んではない鯖と書きましたが、専業デュエリストがいない鯖というのが正解でした。そして、w4筆頭のクリティカルさんが、デュエルイベントも1位、通常のデュエルも1位ということで、全てを牛耳っており、ランキング上位に1等級がずらりと並んでいるなど、鯖の有力者がついでにデュエルも嗜んでいることがよく分かりました。専業デュエリストではない人の勝負なら、デュエルもデッキのパワーに比例するよね、というのが分かったのが一番の収穫です。

w7

w7は今回分析した5つの鯖の中では、一番デュエルイベントと通常デュエルの相関係数が高かったです。鯖全体としては、通常デュエル1位のアーヴィングさんが9等級など、専業デュエリストが強い印象があり、むしろデュエルイベントで圧倒的に強かったヴァースキさんが太守である方が例外でした。こういうのは、ちゃんと分析してみると分かりますね。

w11

w11は、争覇ワールドの君主官位に名前がない人が上位に多く、改名したのかそもそも参加していないのか分からないのですが、基本的にはw11も専業デュエリストが強い鯖という印象があります。ただ、デュエルイベント1位と通常デュエル1位は2等級のkobeさんが取っており、専業デュエリストと言う感じではないので、実際には乱戦よりかな。

今回の分析のまとめ
・特化できれば専業デュエリストが有利。
・専業デュエリスト以外がデュエルで戦う場合、デッキパワーに比例するので、君主官位が強いほうが有利。
w1は乱戦、w3とw7とw11は専業デュエリスト有利、w4は専業デュエリストがいない。

それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト



デュエリストの格付けの話のおまけ

そういえば、前回の記事で思ったのが、w1で通常のデュエル1位ののりたまさんが鋭兵の試練13位なんだなということです。

この理由としては、もちろん普段のデッキとイベントデッキで違うデッキを使ったという可能性もなくはないのですが、w1には280勝級が2名もいる中で、258勝というのは正直低いです。SL張繍・賈詡が配布されたことから、デュエルイベント後のデュエル環境は変わってしまっていますが、少なくともデュエルイベント前はw1のDPレースでのりたまさんが1位だったことは間違いないわけで、この結果は面白いなと思いました。w3では上位陣が順当にデュエルイベントで上位を取っているのとは全然違うので。

のりたまさんの1位が変というよりも、デュエルイベントで280勝できるデッキというのは相当に強いデッキだと思うのですが、それでものりたまさんに勝てないというのは、結構すごいことだと思いませんか。

さて、私はw1にアカウントを持っていないので推測になってしまいますが、これについて自分なりの意見を書いてみます。

通常のデュエル(つまりはDPレース)で勝つために必要なものは何か。もちろんデュエルデッキの強さは必要ですが、それと合わせて重要なのが勝てる相手を選ぶ目利き能力です。例えば、私のデッキは現時点では全鯖でも最強ですが、「最強なのだから俺は相手を選んだりしないぜ!」とか言い出して、S勝利を安定して取れない2位とか3位と戦いまくっていたら、下手すれば逆転します。

前回の記事で分かることは、w3は最上位は本当に強い一方で、鯖のデュエリストの層はw1よりも薄いということです。つまり、1位の私から見ると、S勝利できる相手を選ぶのが簡単だといえます。w3の2位とか3位は他の鯖に言ったら、多分1位を狙えるクラスの強さですが、普段は絶対に戦わなければいいだけなので。

一方で、w1は猛者がひしめき合っているため、上位陣の壮絶な潰しあいが発生しやすいため、目利き能力に優れたのりたまさんが、君臨しているのではないかなと想像しました。

個人的に、最近はデッキの強さ自体は興味がないというか、「私のデッキが強さ的には最強だから、強くなりたければそのまま構成を真似すればいい」と思ってます。割と本気で。SL張繍・賈詡入りの構成も、既に公開済みですし、今回のデュエルイベントでL諸葛亮・徐庶が復刻したので、カードが手に入らないから真似できないということもなくなりましたから。

まあ、今のデュエルには上位陣が直接対決でお互いの格を決める分かりやすさはありませんが、それでも勝つためには相手をちゃんと見ることが大事だし、デュエリストとしての真価が問われますよという、当たり前の結論で終わりにしたいと思います。

それでは、ごきげんよう。

デュエリストの格付けの話

武闘祭 第十五章の楽しみ方は色々とありますが、個人的には鯖を超えてデュエリストの実力を比較できるのが楽しいと思ったので、今回はそれを記事にします。

簡単に言ってしまうと、鋭兵の試練で何勝できたかが、デュエルイベント時点でのデュエリストとしての格付けとなります。もちろん、沢山勝っている人が上です。

公式にはランキングptで順位が決まるので、ランキングptで比較する手もあるのですが、鋭兵の試練で勝たないとランキングptで上位も狙えませんし、何よりも鋭兵の試練の勝利数の方が分かりやすいので、勝利数で比較します。

ちなみに、格付けからデュエルイベントには参加しない(もしくは鋭兵の試練に挑戦していない)デュエリストが抜けてしまうのではないかという点についても、武闘祭第十五章は、デュエルイベントの仕様が新しくなった初めてのイベントであるため、上位のデュエリストなら SL張繍・賈詡のために、当然鋭兵の試練を走らなければならない(逆に言うと、今回のイベントで鋭兵の試練を走らないようなら、デュエリストではない)ので、問題ありません。なお、次回以降のデュエルイベントでは、仮に仕様が同じだとしても、鋭兵の試練を走らない選択肢が出てくるので(斧兵、双兵、錘兵で150勝するとか)格付けの精度は下がります。

その意味で、今回のデュエルイベントは、デュエリストにとって鯖を超えたライバルと実力を比較する、非常に良い機会だと考えています。

さて、前置きが長くなりました。比較はw1、w3、w4、w7、w11の5鯖の上位20名を比較します。この5鯖に限定するのは、争覇ワールドに参加可能であり、カスタムポイントを手に入れる機会があることから、デュエルの前提条件が公平だと考えているからです。(改武将のSL趙雲が入ってないデッキは、現環境だと実力が一段落ちるので)
ちなみに、後発鯖の結果の一部については、「いまさらブラウザ三国志」で見ることができます。

w1


w3


w4


w7


w11


というわけで、これら5鯖のデュエリストの中で一番強いのは、w3鯖のKaichoXさんの296勝でした。おめでとうございます!普段は各鯖のデュエリストは交わることがないので、どちらが強いとか書くことはなかったのですが、今回のデュエルイベントは絶対評価で比較できてしまうので、私が武闘祭第十五章時点では、全鯖最強だったと主張させて頂きます。

さて、以下は適当に考察します。各鯖上位20名を勝利数ごとに表に整理してみます。とりあえず、今回の鋭兵の試練では270勝できればブラ三全体でも10位以内に入ってくるので、かなりの実力者と考えてよいかなと思います。

勝利数w1w3w4w7w11
290~2
280~21
270~31
260~532
250~621
240~46245
230~633
220~425
210~52
200~73
190~16
180~13
合計2020202020


1は争覇ワールドの印象そのままに、上から下までデュエリストの層も厚いです。

w3はデュエリストの層としてはw1に次ぐ2番目ですが、全鯖の1位2位がいるなど、デュエルのレベルはかなり高いです。少なくとも、私のワンマン鯖ではないことは主張しておきます。

w4はあまりデュエルが盛んではないのかなと思いました。前回の記事でも書いたように、デュエルの強さと鯖の実力は関係がありませんが、ことデュエルに関しては今回比較した5鯖の中では最弱と言ってよいでしょう。

w7はヴァースキさんが飛びぬけて強いです。ヴァースキさんは、争覇ワールドでも九暁だったので、鯖の実力者がデュエルも頑張っているという感じなのだろうなと思います。

w11は上位2名を含めて、結構層が厚い感じです。デュエリストの層としてはw3に次ぐ3位かなと。

争覇ワールドの君主官位と突き合わせて上位陣の面々を分析してみると面白そうですが、とりあえずはここで終わりにします。
まあ、今回の記事は、このデュエル特化ブログの中の人が、実際に結構強いんだよということを世に知らしめるのが目的です。

それでは、ごきげんよう。

隠居者しかデュエルに勝てないのでは問題

隠居者の定義ですが、課金はするけど普通のブラ三は遊んでいない人とします。つまり私みたいな感じです。

まず、デュエルで勝つには課金は必須です。現在のデュエルはSL時代に突入していますし、改武将(SL趙雲)やSL張繍・賈詡など、そもそもSL水鏡がないと育成ができない武将がtier1にいるので、SL水鏡をCPで買わないとどうにもなりません。

さて、SL水鏡ですが、毎回キャンペーンごとに買っている私の印象だと、デュエル用武将の育成につぎ込むと余りません。私はSL武将を作り替えたりはしていないので、SL水鏡を無駄遣いしていませんが足りません。

さて、隠居デュエリストを長くやっていると、SL水鏡、ああデュエル武将の餌ね、という感想しかうかばないのですが、多分多くの課金者にとっては、違うSLの育成用なのだろうなあと思います。例を挙げるなら、私も12周年ガチャで6枚引いてしまった、SL于吉娘・于吉・亀とかですね。最近はデュエルでも見かけることがあり、防御が高くB勝利をもらいやすいことから、結構回避することが多いです。


個人的には、SL于吉娘・于吉・亀は育成する価値があるSLだと思いますが、SL于吉娘・于吉・亀を育成するようでは、w3+5鯖ではデュエル1位にはなれないという現実があります。なんせSL水鏡が足りませんからSL張繍・賈詡が使えないので。

SL水鏡の供給量が増えていけば(究極的にはSL水鏡を無制限にCPで買える)状況は変わってきますが、少なくとも現時点では、廃課金ほどSL水鏡をデュエル武将以外に使いたいという現実があるため、デュエルに力を入れるのが難しいという状況があります。

というわけで、今のデュエルではデュエル専業の課金する隠居者が明らかに強いよねという話でした。
それでは、ごきげんよう。

新デッキの話とコメント返信

デュエルイベントが終わって、ようやく落ち着いたので、デュエルデッキを更新しました。

合成画面とかは省略でいいですよね。

スキル発動前

スキル発動後


さて、タイミングよくコメントも頂いていたので、回答します。

SL張繍・賈詡はSL趙娥の副将になりえますかね?
最適解ではないかもしれませんが。


私は検討した結果、SL張繍・賈詡はSL徐庶の副将にしました。SL徐庶以外は護武将を副将に入れないと防御性能が心もとないのですが、SL徐庶は本体の防御性能が高いので防御極振りだけでなんとかなります。なので、SL徐庶は副将のスロット1つを自由に使えるので、新デッキではスキル最強のSL張繍・賈詡をセットすることにしました。SL趙娥が足りないのは知力ではなくて、防御性能だと思っているので、個人的にはSL王平とL呂氏を副将にセットしたいです。

ちなみに、新デッキの構成はデュエルイベント中に検討しておいたので、今日はそれに基づいて合成しただけでした。新デッキであれば、デュエルイベントの鋭兵の試練で火力不足で泣くことはないので、多分300勝いけるかなと思います。

ついにL諸葛亮・徐庶がデッキの弱点になってしまいましたが、逆に言うと実装以来デュエルデッキで活躍しつづけているわけで、やはりオーパーツもいいところだなと。今回のイベントで初めて手に入れたデュエリストの方は、是非とも育てましょう。

それでは、ごきげんよう。
プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

w3+5鯖24期~29期,31期,32期デュエル1位でした。30期からはデュエル不参加です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる