FC2ブログ

デュエルイベントの結果

目標通り、423勝で双兵の試練で1位でした。

使えた体力は8/7 12:30 ~ 8/14 10:10までの6日21時間40分なので、1242で初期体力100と挑戦時の30を引いて戦闘に使えるのは1242+100-30=1312となります。

ここから計算すると、423勝の内訳は、S勝利402勝、A勝利21勝でした。S勝利率は95%となります。

今回は、覇王の帝護斬鶴爺が欲しかったので満足です。
それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト

デュエルイベントの目標。

双兵試練で1位をとります。

よろしくお願いします。

寄付47億達成

私は隠居の身ですが、デュエルと鹵獲についてはw3+5鯖でもトップクラスかなと思ってます。

自動鹵獲が正式に実装されたこともあって、今期はひたすら寄付をしていました。本日ようやく寄付の上限である、同盟拠点の建設件数が最大の43になったので、記事にします。

最終的な寄付は47億でした。

同盟のランキング詳細の以下の通り。寄付のポイントが9割を占めています。


資源回収は倉庫3600万と4コスト鹵獲武将6枚で行いました。その際に、時給がどのくらいになるのか気になったので計算したのが以下の表になります。

計算式とかは省略しますが、6枚フルでセットしておくと1時間に4300万ぐらい資源が回収できます。ちなみに、資源回収の係数は平均15で計算しましたが、最低の10でも1時間に3000万は必ず回収できます。倉庫容量は4資源で1億4400万なので、だいたい3時間半で倉庫があふれて自動鹵獲が止まる計算になります。平均時給が4300万なら、1日で約10億寄付できる計算になりますが、実際には1日4億ぐらいでした。このあたりは中の人の性能が低いということでご容赦ください。

運用していて思ったことを書くと、鹵獲武将で剣兵はいまいちだということと、1コスト施術が最高ということです。資源効率を考えると遠距離☆1がベストだと思うのですが、☆1は剣兵しか出ないため、剣兵武将は他の兵科の武将よりも1.5倍ダメージを受けやすくなります。結果的にダメージの蓄積が速いため、すぐに自動鹵獲が止まってしまう欠点がありました。手動で出兵しないといけない場合は、鹵獲武将の速度を合わせた方が便利なのですが、自動鹵獲を前提にするならば、多少効率が下がってもダメージ量が同じぐらいにする方が便利です。それから回復武将は1コストの施術が非常に便利でした。施術だと回復量が多いうえに、待機状態でなくても回復できるので自動鹵獲との相性が最高によいです。

資源回収量がこれだけあるなら、少なくとも鹵獲に関しては天候の影響を考えて武将をそろえる必要はないと思いました。天候によって自動鹵獲が止まる時間がかわってくるので、それだけ押さえておけば大丈夫そうです。

それでは、ごきげんよう。

デュエルの構成について

デュエルの構成を考えていきます。

前回の考察記事から、約半年が経過したわけですが、デュエル視点からみた覇武将のラインナップはそれほど変わっていません。(騎兵覇にUR諸葛亮×夏侯惇が追加されたぐらいかな)

とはいえ、覇王の天○○が実装されたことで、兵科を絞る必要がなくなったので、パラメータが優秀な武将を上から選べばよくなりました。初期知力が一番重要なのは間違いないのですが、次に重要なのは移動速度だと思います。そこで、4コストUR覇で移動速度が10以上の武将を知力順に並べたものを載せておきます。


現在の構成では、L諸葛亮・徐庶は必須枠に入るので、4コストUR覇の最大必要枚数は4枚になります。(実際には4コスト5枚構成は微妙だと思っているので、3枚あれば足ります)個人的に優秀だと思うのは、UR姜維×趙雲、UR劉備×陸遜が確定枠で、防御重視ならUR盧植×張角で、攻撃重視ならUR諸葛亮×夏候惇です。

今からデュエル武将を作るなら、このあたりの武将を起用する感じになるかなあと。とはいえ、デュエルの構成は低コスト武将できまるので、次はそちらを考えていきたいと思います。

それでは、ごきげんよう。

w3+5鯖 24期 デュエル分析 その1

w3+5鯖24期のデュエリスト上位の紹介をしていきます。
前期は非常に雑な紹介でしたが、今期はちゃんと紹介していきたいと思います。

紹介する目安としては、今回もデュエルランキング10位ぐらいまでにします。


というわけで、初回は1位のKaichoX=サンと2位の十=サンを紹介します。
ちなみに表の数値ですが、発動後の数値(太字強調)には多少誤差があります。




前期1位の十=サンは、w3+5鯖で1位を取るためには必ず勝たなければならない相手です。

正直、不確定要素が多いデュエルで勝つにはどうしたらいいか分からなかったのですが、
とりあえず、デュエルスキルを起用することで、剣兵武将以外のパラメータに優れた武将の起用と、
スキルの強さを生かして攻撃・防御・速度のパラメータで上回れば勝てるのではと考えました。

知力400や、攻撃と防御を同じぐらいにしているのも、十=サンの構成を見て真似した結果です。
ゲーム内では書簡の1つも出したことがありませんが、十=サンは私のデュエルの師匠といえるでしょう。

十=サンの構成ですが、剣兵+剣兵スキルの構成としては、ほぼ極まっていて、
デュエル専用スキルを使わなくても、ここまでできるという見本かと思います。

それでは、ごきげんよう。
ブラウザ三国志・攻略ブログ
プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

現在はw3+5鯖でのデュエル考察がメイン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる