洛陽リーグ in 29-32鯖 補足

今日の記事は、前回の「洛陽リーグ in 29-32鯖」の補足記事です。
補足と言いつつ、前回の記事は現在下書きモードなのでご覧になることができません。
一度書いた記事を非公開にした理由ですが、
対戦相手の方から「詳細を公表するのはリーグ終了後にして欲しい」とコメントを頂いたからですね。
というわけで、前回の記事は洛陽リーグが終了後に再編集して公開することにします。

さて補足ですが、今回のデュエル記事は、
実はあんまりフェアじゃないよという話です。

おさらいですが、私のデュエル構成は
SR曹仁(隣地猛攻LV9+強襲突覇LV9+強襲突撃LV8)の
いわゆる馬の攻速型ですね。

この構成の作戦は非常にシンプルで、
対馬・弓・剣:速度で先手を取って一撃で仕留める。
対槍:50%の回避に全てを賭ける。
というものです。

この構成に100%勝てる構成は以下の2通りしかありません。
・馬武将で速度で勝つ(4コスト馬武将に強襲突覇+強襲突撃付与とか、神飛将UR呂布が理想)
・槍武将で速度で勝つ(SR董卓に隣地猛虎+強襲突撃とか、R呂蒙に隣地猛攻+強襲突覇とかそんな感じ)

見て分かるように、天敵といえる構成を作るのは結構大変なので、
馬の攻速型だと大抵の相手に対して互角以上に戦えます。
槍相手でも、基本的には回避率50%の勝負になるので不利にはなりません。
(だから17-24鯖で槍で速度1700超のログを見たときは、非常に驚きましたけど)

今回の洛陽リーグのように鯖の上位集団であっても、
上記の話は有効なので、基本的に勝ち越せるでしょう。

じゃあ、馬の攻速型は強いのかというと、強いのですが最強ではありません。
(まあ、今のデュエルで無敵の構成はありえないのですが。どんな構成でも天敵を作ることはできますし)

何が問題かというと、槍武将相手には誰でも50%で負けるところです。
攻撃力40万超の槍武将であれば、デュエルレート2900だろうが3300だろうが勝率は変わりません。
しかし、2900の人に負けるのと3300の人に負けるのでは、レート的には大きな違いがあります。

というわけで、私は今回の洛陽リーグのような上位陣による少人数リーグではかなりの猛威を振るえるのですが、
人数が増えて乱戦の度合いが増えると、下位の槍の人と当たりやすくなり、相対的に弱くなります。

つまり、洛陽リーグの記事を馬攻速型の私が書くのはある意味でポジショントークなのです。
現時点で私が有利なのは当たり前ということで。
(これを覆せるのは運営の采配ぐらいでしょう。槍の人とばかり当てて回避させないとか。)

そして来週以降洛陽リーグに人が増えるにつれて、私は少しずつ後退していくのかなと予想してます。

そういう意味では、剣兵型は少人数リーグでも乱戦でも強いから安定感がある気がします。
(ただし、速度にはこだわる必要がありますけど)

これを踏まえるとデュエル1位を目指すなら、メイン武将を複数育てるのは必須かなと思います。
ライバルとのじゃんけんの読み合いに使うのもありますが、
リーグの状況に応じて使い分けるのも重要だと思うので。

ただまあ、私はデュエル1位は目標としていないので、
25-32統合鯖になっても、今のままSR曹仁一本で頑張っていこうかなと。
複数のメインを育てるのは、面倒極まりないので。

馬の攻速型は、メイン・攻撃・速度の3スロットだけレベリングすればいいので経験値の負担が比較的軽いのと、
相手のデッキにあまり依存せずに勝敗がきまるところが、実に私好みで気に入ってます。

そもそも私はデュエルの勝敗は運次第だと思っているので、個々の勝敗にはあまり興味がありません。
むしろ、今回みたいにあれこれ考えるのが楽しいので、ついでにデュエルもやってる感じですね。

というわけで、今週の29-32鯖洛陽リーグの結果をお楽しみに。
それでは、ごきげんよう。

ブラウザ三国志・攻略ブログ
スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

限定UC張角とデュエルの話

ブショーダスSP【他】のお知らせを見て思ったのが、
限定UC張角が魏呉蜀SPのUC同様に3コストで実装された場合、
デュエルのメインに起用する人が増えそうだなと。

デュエルにおける剣兵メインの強弱は非常に単純で、
隣地猛攻と強襲突覇を付けてスキルレベルをひたすら上げればOKです。

これらのスキルはコスト依存なので強さ的には、
SR張角、UR張角>UR張昭、SR袁術>SR王異、R張角となるわけですね。
剣兵の極撃で火力を上乗せできるSR王異はともかくとして、
初期スキルが八卦の陣のR張角で上位を目指すのは難しいですが。
またUR張昭の初期スキルは弱采配ですが、
剣兵メインの肝は速度と火力なので、あえてこちらを起用する必要は無いでしょう。
UR張角に関しては、悪いことは言わないので群雄の極撃を上げてください。

さて、SR張角メインが理論上最強なのはそのとおりなのですが、
実際のデュエル界ではSR袁術やSR王異メインの人もちらほら見かけます。
この理由はSR張角よりも重ねやすいからですね、

ところが、仮に限定SPのUC張角が3コストで実装されたとすると、
初期スキルが守護防陣(つまりUC兀突骨と同じ)で、
デュエル的には誤差とは言え、SR袁術の上位互換になります。

しかも、限定UCならスキルレベル10も余裕というデュエリストも多いでしょうから、
3コスト隣地猛攻10(攻撃力+810%)/強襲突覇10(攻撃力+153%,移速+312%)
が普通に登場することになりそうです。

そもそもRやUCの剣兵武将でちょうどいい武将がいないから、
わざわざSR袁術を育てたりしているわけで、
限定だろうがUCで剣兵3コストが実装されたら、
これから剣兵メインで作ろうとする人はそっちに流れるかなと。

仮にUC張角が3コストで実装されても、SR張角の理論面での優位性は揺るがないのですが、
3.5コスト隣地猛攻9(攻撃力+735%)/強襲突覇9(攻撃力+164.5%,移速+332.5%)
までは最低でも上げておかないと足元をすくわれることになるでしょう。

そういう意味で、他SPはデュエル界に衝撃を走らせるかもしれませんという話でした。
流石にUC張角を2.5コストで実装したら、引く人が相当に減りそうだから3コストだと思いますが。

何故にこの時期にこんな記事を書いたかというと、
17-24鯖で限定SP黄忠を高値で売るためだということにしておきます。

ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

デュエル四方山話

29+30鯖は最終日ですがリーグ制のデュエルでは、
最終週はデュエルが行われないので、結果が確定しました。

29+30鯖のデュエルレート上位は以下のとおりです。
29+30鯖4期デュエル最終結果

というわけで利根川覇王おめでとうございます。

さて、今日はデュエルについて適当に書こうかなと。
考察というよりも、雑文ですね。

今のデュエルの仕様をある程度わかっている人には、
無敗の構成がありえないことはご存知のことと思います。
それでは現行のデュエルである人が強いとか弱いとかを、
どうやって判断したらいいかという話になります。
個人的には単純に「デュエルレートで判断すればよい」と思ってます。
(結果論になってしまうけど、これが一番正確かな)

デュエルレートで対戦相手が決まらなくなったり、
リーグ戦の順位にはレートは関係なかったりと、
仕様変更でデュエルレートの扱いは適当になった感がありますが、
強い相手に勝つほどたくさんレートが貰えるという仕様はそのままなので、
現行のデュエルでも強さの目安として十二分に使えます。

リーグ戦では対戦相手がランダムで決まるので、
デュエルレートは運に左右されすぎるのではと考える方もいるかもしれませんが、
今はデュエルに参加する人が増えましたし、4ヶ月以上登録すれば、
試行回数が十分あるので運によらない実力が判定できます。

リーグ戦の仕様を逆手に取って、下部リーグで勝てる相手だけ相手にするという手もありますが、
(というか、これは29+30鯖3期に私がやりましたね)
これはレートが減ることは無いのですが劇的に増やすこともできないので、
結果的に先頭集団でライバル相手に奮闘する人達に置いていかれます。

今のデュエルで歴史書に名前を残したければ、
鯖の猛者たちと共に最上位リーグで激戦を繰り広げ、
その上で叩きのめす必要があります。

さて、デュエルレートの話を書いたのでついでに称号についても。
呼び名が格好いいことで有名なデュエル「覇王」ですが、
冷静に考えるとデュエルレート2900以上はもれなく「覇王」なわけで、
デュエルレート3300とかも余裕で突破している人がいる現在では、
デュエルの強さを示す称号としては不十分ですね。
運営はデュエルレート5000ぐらいまでの称号を新設したほうが、
デュエリストの方々がもっと頑張ってくれると思うので、
いいと思うんですけどね。(きっと課金してくれることでしょう)

とはいえデュエル「覇王」は、デュエルの目標としては、
かなりちょうどいい難易度だと思うので、
デュエルをちょっと頑張ってみようかなという人にはおすすめします。

あとは、完全に個人的な話ですが、
一応「覇王」の称号を持っておいたほうが、
デュエルの考察とかを書くときに説得力がでるかなと。

さてデュエル「覇王」はデュエルの目標としてちょうどいい難易度と書きましたが、
これはあくまで2期以降の話で、1期に関しては無理ゲーレベルかなと思ってます。
(私自身2期以降から本気を出す人なので1期はあまりわかってないのですが)

そもそも2期以降に「覇王」の難易度が下がる理由ですが、
・デュエルレートの下位層から上位層への移転が進む
・鯖統合で鯖に流通するデュエルレートの総量が増加する
からですね。

1期では皆等しくデュエルレート1600から開始しますが、
これがデュエルへの熱の入れ方等によって、徐々に上位層にレートが集まっていきます。
かつては、選ばれしデュエリストか、経験値狙いで登録する人ぐらいしかいなかったので、
デュエルレートの移転機能は非常に弱かったのですが、(このあたりの苦労はkanto永世覇王の記事を読もう)
今はデュエルに参加する人が増えたので、デュエルレートの移転量は格段に増えました。

また、鯖統合イベントの影響も見過ごせません。
私の例で言うと、29+30鯖のデュエルレートは3115ですが、31+32鯖は1928です。
統合した場合デュエルレートは高い方に合わせられるのでその差分の1187だけ
29-32統合鯖のデュエルレート流通量が増えることになります。
統合予定鯖で両方ともアカウントを持っておくというのは、ブラ三では普通なので、
統合のたびにデュエルレートの流通量が相当量増えますね。

そのため、期が進むほどに「覇王」のデュエルレート2900を達成しやすくはなります。
(とはいえ、「覇王」は適当にやって達成できるほど難易度は低くはなりませんが)

さて、話を1期「覇王」に戻します。
自分でやる気にはなりませんが、どうやったら達成できそうかを考えるのはなかなか楽しいですね。
とりあえず、箇条書きで色々と書いてみます。
かなり適当なので、話半分でお読みください。

・5ヶ月鯖の方が当然望ましい。そういう意味では奇数鯖必須な気がする。
1600→2900なのでデュエルレート1300増やす必要があるが120戦と150戦できるのでは難易度が違うはず。
しかし150戦でも1戦平均8以上レートを稼ぐ必要があるので、かなりの無理ゲー。

・スタートダッシュのために課金ダス連打は必須。
URとかよりもLV7カードを大量に集めるため。
修行合成は城レベル8になるまで使えないけど、最序盤に勝つためにはブショーレベルが大事なので。

・中盤も多分課金ダス連打が必須
特に低レベルでも知力33.34を確保するため、知力27・26級URは必要じゃないかな。
1期はとにかく経験値・スコアが貴重なので

・メイン武将はSR曹仁あたりのはじめから飛将級スキルがついているのを
もしくはSP黄忠で30%ぐらいで隣地猛攻チャレンジとか。
飛将は付与したいけどそれまで待つ余裕は無さそう。

・後半勝ちきるため、レベリング環境をいかに早く整えるかも重要
つまりは、制圧数1位とかの大同盟に参加する必要があります。
普通のプレイも疎かにはできません。

・鯖のデュエルレート流通量を増やすため、負けてくれる仲間を大量にあつめる
ある程度負けたら、データ削除→再度登録でリセットとか。
こういうふうに鯖全体のデュエルレートを上乗せしないと、1期「覇王」は無理そうだなあ。
どのくらい上乗せしないといけないかは分かりませんが。

・一番怖いのは鯖のライバルよりも上位リーグの鬼NPC
神飛将UR呂布とか限定UR曹操あたりは1期の戦力で勝つのはかなり厳しい上に、
負けると大量にデュエルレートを持っていかれるので、実質的なラスボスかな。
リーグ人数が偶数になるように調整できる仲間も欲しいですが、
仲間を一緒に昇格させるのはかなり難しそうです。

1期デュエルは、経験値・スコアが足りない状態を何とか工夫するという感じになりそうですね。
2期以降の飛将じゃんけんの完成度を高めるというデュエルとは、かなり毛色の違ったデュエルが楽しめそうです。

ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

デュエル再構築 その2

最近は21-24鯖の話題ばかり書いてましたが、たまには29+30鯖の話題でも。
つまりはデュエルの話題ってことです。

5月の新武将の中でもとりわけ欲しかったSR董白を無事に落札できたので、合成に挑戦しました。
SR曹仁完成

無事に1回目で、強襲突撃付与成功です。
これで隣地猛攻+強襲突覇+強襲突撃のスキル構成が完成しました。
あとは、強襲突撃と強襲突覇をLV8まで上げて完成でいいかと。

誤算があったとすれば、TPが空になってR沙摩柯も買えないことでしょうか。
SR董白の値段は4000TPぐらいかなと見込んで4444TPと4567TPで入札し、
余った2636TPをもう1枚に入札してみたら、予想外に全部入札できてしまったので。
結果的に高値掴みになったみたいですが、ブラウザ三国志のトレードは
個人的に高く売って高く買うのが基本だと思っているので、気にしていません。

これで、SR曹仁のレベリングをしても問題なくなったので、
来期の単騎武将としても活用できる見込みが立ちました。

上記の構成を見ても分かるように、移速特化で防御は完全に無視しています。
目標は鯖最速を目指すと言うことで、UR趙雲時代と同じ原点回帰です。
(といっても個人的に防御を重視したことは1度も無いので、方針は一貫しているのですが)

速度と防御をどちらを重視すべきかについては、kanto永世覇王の最終考察に詳しいですが、
後日、もう少し具体的なケースについてあらためて考えようかなと。

ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

デュエル再構築 in 29+30鯖

デュエル世代交代から約1ヶ月。
当時の記事では再構築してリベンジするつもりはないと書きましたが、
目標無しにブラ三を遊ぶのは面白くないことに気が付いたので、
ひそかに(というほど隠してはいないけど)デュエル武将を育成していました。

GW最終日の今日、無事に合成が成功したので報告しておきます。
スキルはまだまだ未完成ですが、これでそれなりに勝てるようになったかなと。
隣地猛攻LV9

UR小喬以外スキルLV9に挑戦しないと言ったな、あれは嘘だ。
ちなみに生贄はSR5枚です。スコア400万でも上がるときは上がりますね。
これで現時点でもデュエルで攻撃力49万出せるので、攻撃が当たれば利根川覇王にリベンジできます。

SR曹仁を2代目メイン武将に起用したのは、デュエル最強スキルの隣地猛攻を初期スキルとして持っていて、
なおかつ弓武将のR太史慈にじゃんけんで勝てるからです。
それにしてもSR曹仁も集め始めたころは3000TP程度で買えたのですが、最近は高騰して困りました。

ちなみに、現在の構成では強襲突覇と一騎当千になっていますが、
一騎当千は隣地猛攻LV8の火力を補う目的で付与したので、
理想的には強襲突撃に入れ替えたいところです。
ただ、レベル200を超えているので中確率付与がかなり難しいのと、
29+30鯖のSR甘夫人がえらく高いので、付与は31+32鯖と統合してからになりそうです。

来期の領地取得を考えるとレベルを上げたほうがいいのですが、
SR曹仁の役目はあくまでデュエルなので、レベリングはしない方針で。

ちなみに私はSR曹仁のスキルを移速特化にする予定ですが、
ここは議論の余地がありそうなので、また別の機会に移速特化と防御特化の比較を考察してみようかなと。
ちなみに、本家9-12鯖のこの覇王様が防御特化構成ですね。

私が移速特化にする理由としては、
・UR趙雲時代の資産を生かしやすい(攻撃スロット武将と移速スロット武将がそのまま転用できる)
・そもそも防御武将なんて育成していない(UR張角・SR張角は手に入れたことすらない)
・利根川覇王にリベンジするだけなら防御は不要(じゃんけんは有利だし、十二分な攻撃と十分な移速があれば足りる)
といった感じです。かなり適当ですね。

それでは、ごきげんよう。

ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

mixi21-24鯖メイン、29+30鯖サブでプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる