FC2ブログ

24ゲーム終了 歴史書公開



歴史書を改めて見ていたら、私がデュエル1位を取るのはm29鯖3期以来でした。

2012年3月21日(水)19:00をもって、
29+30ワールド/3ゲーム目は終了致しました。
という話なので、6年ぶりということになりますね。

いずれにしても、現行のデュエルで1位となることができたので、ようやく自信を持ってデュエリストを名乗れるようになりました。(考察が雑だと言われたのは、実によい思い出)

来期は、順位は気にせず、デュエルの最強構成を考えていきたいと思います。




以下は、コメント返しです。

こんばんは
今って副将もありますが、やっぱり覇の方が強いですか?

コメントありがとうございます。私のブログへのコメントということで、デュエルの強さについて回答します。

結論から書くと、基本的にはデュエルにおいては副将は劣化覇です。基本的と書いたのは、一部例外があるからですが、かなり特殊なので、基本的には覇で構成した方がよいです。(実戦的にも、覇があまり入ってない人にはデュエルで勝ちやすいです)

簡易的な比較として、自分はレアリティが1つ上の副将と覇が同じランクというイメージで考えています。L副将とUR覇、UR副将とSR覇という感じですね。

とはいえ、副将システムは育成コストが覇とは比較にならないくらい高いので(2枚育てなければならない、副将再解放マジでめんどくさい、レアリティが高い等々)戦力として同ランクでもコストパフォーマンスは相当に悪いです。しかも、覇王の天パンダが実装されてしまったので、Lの固有スキルの優位性もデュエルではかなり弱くなってしまったので、今だと素直にUR覇使っておくのが最適かなと思われます。

さて、一部例外って何という話になると思いますが、L諸葛亮・徐庶と低コスト武将です。

L諸葛亮・徐庶はデュエルイベント上位の報酬ですが、こいつはUR覇よりも強い唯一のカードだと思うので、1位を目指すなら副将解放して天明鏡をさしましょう。(手に入れていない人は、次のイベント頑張りましょう)

もう1つは、覇のラインナップが弱い低コスト枠ですね。例えばR覇しかいない3コストとか(SR水鏡娘・パンダもいますけど)
2コストの2枚目(当然1枚目はUR貂蝉・董卓)とかは、副将を検討する価値があります。

副将システムは一見すると覇に似ているように見えるのですが、副将の神髄は、例えば攻撃極振り主将に攻撃極振り副将を重ねることで、攻撃ポイントを2000以上振るというところに優位性があるので、正直なところ、デュエルの攻撃・防御・知力・速度全てにバランスよくポイントを振るような育成には向いていません。

というわけで、普通は覇6枚(ないしはL諸葛亮・徐庶入り)の構成でよいと思います。

それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト

デュエルで上位を取る方法の結論

デュエルで上位を取る方法の結論って
結局、こういうことなんですよね。夢が無いなぁ。(参考

デュエル武将を売却しました

まずはコメント返しから。

育ちきったスキルを消すのは忍びないですよね~
そういう時は違うカードで新しく作ればいいと思います^^
入れ替えたカードも売れるし、新しいカードの性能がよければ効果も大きいしw

2018-08-08(10:25) : マジェスタ


いや本当に、その通り。ということで、デュエル武将を本日売却しました。

125700TP

46257TP

46464TP

47184TP

お買い上げありがとうございました。買った人は間違いなくデュエリストでしょうが。
落札価格については、R荀攸×陳宮が結構高いなあという印象です。
UR盧植×張角は自分で引き続き使うか最後まで悩みました。やっぱり本体性能が優秀なので。

とはいえ、これで今期まで使ってきたデュエルの構成ともお別れです。
1位を取れたことは本当に良かったですが、個人的には覇王の天パンダの実装だけが本当に残念でした。

次の構成については、現在検討中ですが、
念のため書いておくと、引退はないのでご安心を。


(/ω\)イヤン エッチ~
2018-08-13(20:53) : TOMTOM

来期はレクサス天覇王とTOMTOM天覇王の戦いを見届けられるように頑張ります。

それでは、ごきげんよう。

デュエルの知力について (コメント返信)

初めまして大変興味深いブログでした。

出来ましたらご教示お願い致します。

獅子奮迅なのですがこちらの記事を拝見しましたら、スキル込みで知力400と
記述がありましたが知力400以上は獅子奮迅の発動には関係無いと理解して
よろしいのでしょうか?
それともやはり知力は高い方が有利なのでしょうか?

突然の質問で申し訳ございません。

2018-08-24(16:30) : きんた


きんたさん、コメントありがとうございます。

w3+5鯖24期のデュエル1位予定者として、回答させていただきます。
ただし、デュエルの知力についてはあくまで経験則であることをご了承ください。

デュエルの攻防の流れですが、

①武将が相手武将を攻撃する。

②ガード判定を行う。

③ガードされなかった場合獅子奮迅の発動判定を行う。

④ダメージ計算する。

という感じです。

で、②のガード判定の確率は知力は無関係で、攻撃側攻撃力と防御側防御力が関係していると思われます。
当然攻撃側の攻撃力が高いほどガードされにくく、防御側の防御力が高いほどガードしやすいです。
ちなみに、防御にパラメータを全く振っていなくてもガードが発動することがあるので、
ガード発生率は0%にはならず、最低値が存在していると思われます。

ガードされてしまうと当然ノーダメージで終了ですが、
ガードされなかった場合は、獅子奮迅の発動判定に移ります。
そこで、スキル込みの知力が400以上であれば、経験的に獅子奮迅が100%発動します。

獅子奮迅はご存じのとおりダメージが格段に上がりますから、
発動さえすれば確実に100以上のダメージが通り、相手武将を倒すことができます。
(もちろん攻撃力と防御力の差が極端にあれば、獅子奮迅に耐えられるケースもありますがかなり稀です)

スキル込み知力が400あれば100%発動するので、それ以上は確率は変わりません。
(500でも1000でも100%発動なので)
その意味では、知力400以上は同じと考えてもよいかと思います。

ただし、スキル込み知力を400以上にしている人はいます。
この理由は2順目以降の攻防を有利にするためです。

1順目の攻防が終わると、生き残った武将で再度スキル発動から2順目の攻防が始まるわけですが、
1順目に1人でも武将が倒されていると、当然発動スキルが減ることから、スキル込み知力も1順目よりも下がります。

1順目のスキル込み知力が400だと、1人でも倒されると2順目は400を切ってしまうわけですが、
スキル込み知力を高めにしておくと、2順目に武将が倒されてもスキル込み知力が400を維持できる可能性があります。

つまり、スキル込み知力は400以上は変わらない(むしろ、知力にパラメータを振る分攻撃力や防御力、速度が減ります)ので、
1順目の攻防だけみればギリギリ400にしておくのが最適なのですが、
2順目以降の攻防まで考慮に入れるならば、知力を高めにしておくのは一つの考え方としてありです。

私は、2順目のことを考えるよりも、1順目になるべく先手を取って、
ガードされなかった相手武将を獅子奮迅で確殺する方が、
最終的な勝率は高くなると思っているので、あえて知力を400よりも高くする必要はないと考えていますが、
正直、ここはデュエリストとしての考え方次第かなと思います。

この正解は、DPで語るべき領域でしょう。

逆にスキル込み知力が300ぐらいでも、体感上、獅子奮迅の発動率は9割程度はあると思いますが、
知力をあえて下げるのは、個人的にはあまりおすすめしていません。

ガードが発動するかどうかは最後は運次第なところがありますが、
ガードが発動しないという幸運をつかんでおきながら、
獅子奮迅の不発により相手を倒しきれない場合、確実にデュエルの勝率が下がるからです。


最後に、獅子奮迅とは直接関係はありませんが、スキル発動率にも知力は影響しています。
ブラウザ三国志の公式ヘルプには以下の記載があります。

・スキル発動の有無は、各ラウンドの開始時に判定します。
 回復スキルについても、各ラウンドの開始時に判定します。
 ※ブショーデュエルでは一部発動しないスキルがあります。
 ※スキルによって上昇した知力はスキル発動率には影響しません。

これだけ読むと、スキル込み知力はスキル発動率に影響しないと考えられるのですが、
経験則としては、スキル込知力がスキル発動率に影響しているとしか考えられません。

少なくとも、知力スキルが増えるほど、初期知力が小さくてもスキル込み知力400を維持できるようになるわけですが、
その分スキル発動率が下がっていくかというと全くそういう感じはしていません。

スキル込み知力400の場合、スキルLV8であっても常時発動となるので、
スキル込み知力がスキル発動率に影響していると、私は考えています。

個人的にはスキル込み知力400がおすすめですが、それが正解かどうかは分かりませんので、
きんたさんなりの考えで決めていっていただければと思います。

それでは、ごきげんよう。

デュエルの構成について その2

前回の記事で、デュエルの構成では低コストで決まると書きました。

その前に、低コストを使わない4コスト5枚の構成について簡単に書きます。
UR覇4コスト5枚(もしくはL諸葛亮・徐庶を含む)5枚の構成の利点は、
武将の性能もレアリティも高いため、パラメータを高くできることから、先攻を取りやすいため、
6枚構成に対して勝利しやすいところです。

一方で、5枚しかいないことの欠点として、確実に1順目に相手に殴られることから、
S勝利の確率が下がってしまいます。

結果として4コスト5枚構成は、上位陣とのタイマンには強いのですが、DP効率が低いため、
1位を目指すのには向かないというのが私の考えです。

とはいえ、個人的には4コスト5枚という構成は、美しいとは思うんですよね。
また、タイマン性能の高さは参考にするべきかと思います。

さて、1位を狙うなら6枚構成は必須かと思うのですが、その場合4コストだけで構成することは当然できないので、
低コスト武将を起用することになります。

2コストにはデュエル界の奇跡であるUR貂蝉・董卓がいるのですが、
それ以外だと鉄板と呼べるだけの武将がいないので、
構成には私を含めて多くのデュエリストが悩んできたわけです。

UR貂蝉・董卓を起用する前提だと、残りは5枚で18コストなので、
1.5コスト以下だと4コスト4枚を入れてもコストが余ってしまうことから、
必要な低コスト武将は2コスト以上になります。

まあ、デュエルで1コスト武将を起用する構成も無くはないですが、
その場合はUR貂蝉・董卓の利点をフルに活用することが難しいということは覚えておきましょう。
(例えば、私が以前馬の攻速知型を組んだときは、4/4/4/3.5/3.5/1という構成を組んだことがあります)

さて、低コストの構成を考える上で重要なのは、いまだにデュエル的に優秀な2.5コストがいないという事実です。
結果として、6枚の構成のコスト分配は、3通りに絞られます。

①4/4/3.5/3.5/3/2と②4/4/4/3/3/2と③4/4/4/4/2/2/です。

4コストはL諸葛亮・徐庶とUR覇で、2コストの1枚はUR貂蝉・董卓で確定ですので、
デュエルの構成は、3.5、3、2コストの武将をどのように起用するかがということになります。

3.5コストは基本的にSR覇を採用することが多いですが、
レアリティが高いことから、UR水鏡娘・パンダが採用される場合もあります。
UR3.5コストはそれなりに数があるので、副将解放も検討の余地はあります。

同様に、3コストはR覇を採用することが多いですが、
SR水鏡・パンダが採用される場合もあります。

2.5コストはかなり微妙で、UC覇はまず採用されません。
また、副将解放まで考慮しても、UR2.5コストにはデュエル向きのカードがないため、
SR2.5コストを起用することになりますが、SRは副将の係数が微妙なので、お勧めできません。

最後に2コストですが、ここもほとんど見かけませんが、
一応、コスト帯としては2.5コストよりはかなり恵まれていて、
UR甘夫人やUR沙摩柯など、コスト依存ではないスキル持ちがいます。
また、剴切系が2コストということで、一考の余地はあります。
なお2コストを採用した場合は、構成は4/4/4/4/2/2でまず決まりです。

あとは、①~③の構成のどれが一番強いかですが、正直、私にもわかりません。
4コスト5枚の構成から考えると、4コストが多いほどタイマン性能は上がりそうですが、
デッキが平均的な方がDP効率は高いのではとも思ったりします。

一応、私の現在の構成は①の4/4/3.5/3.5/3/2です。
ちなみに、残りのデュエルを全て休んでも抜かれることはありませんので、w3+5鯖24期の1位は確定しました。

分かりやすい結論が書けなくて申し訳ないですが、
構成については、私もいまだに悩んでいます。

それでは、ごきげんよう。
プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

現在はw3+5鯖でのデュエル考察がメイン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる