FC2ブログ

DPとDRの話

今回はw3+5鯖の28期のDR(デュエルレート)導入時の話を書きます。DRは対戦相手の選択制の実装と並んで導入された、デュエル改革の目玉でしたが、結果はDRは1期で撤回されてしまいました。まあ、この原因は色々とあるでしょう。

・DRはいわゆるレーティングなのに、0スタートだった。
・報酬はDR35000まで設定していたが、仕様上どう考えてもそこまで上げられなかった。

あたりは、運営は良くわからないまま適当に実装したのだなと思いました。

ただ、デュエリスト的な視点で言うと、そんな適当なDR制でも、個人的にはかなり楽しめました。少なくとも29期のDP制よりは、楽しいと思ってます。というのは、DR制では最上位(2位とか3位)のライバルに勝てないと1位にはなれないため、鯖最強が誰かが明確になるからです。

28期のデュエルの仕様の特徴は3つあります。
①DRが追加され、デュエルの順位はDRで評価されるようになったこと
②対戦相手の選択制が採用されたこと
③対戦相手は鯖最上位、同じぐらい、最下位から選択できるようになったこと

①ですが、DRのみの評価ということで、基本的には強い相手に勝つ方が有利ですが、DRが400以上小さい相手と戦う場合は、誰でも結果は同じ(S勝利でDR+7)なので、可能な限り弱い相手の方が得になります。
②ですが、1日3回対戦相手が更新されるので、自分にとって都合の良い相手だけを選択できます。
③ですが、28期の対戦相手のリストは極端で、最下位が本当に最下位(デュエル初心者またはNPC)とS勝利が余裕の相手を5名選択できたので、S勝利を15勝するだけなら簡単でした。その上で、上位を目指すには自分とDRが400離れていない人と戦うことで、上位を目指すのが基本となります。

上記を踏まえると、28期のデュエルの基本戦略は「対戦相手の更新ごとに、自分とDRが400離れていない人で勝てそうな対戦相手を選択する。そうでなければ、最下位のNPC相手などを相手にS勝利を稼ぐ」「1位がDRで勝つには、2位とか3位に勝ち越せないといけない」というものになります。

DR制の場合、弱者狩りがどれだけ上手でも、最上位の争いで勝ち越せないとDRレースを勝ちきれないので、デュエリスト間の格付けが明確になるという利点があります。28期の場合、私はバランス型で初め負け越して、攻防知型に組みなおしてから勝ち越したので、その印象が特に強いです。

ただ、DR制は鯖全体でやるには問題の方が大きかったと思うので、1期で廃止となったのは当たり前だと思ってました。DRを廃止したのは英断だと思いますが、その結果が29期の仕様なので、ことデュエルに関してはブラ三の運営はアホだと思ってます。

まあ、私もデュエリストとはいえ、隠居の身でもあるので、運営がデュエルをどのようにしようとかまわないのですが、一つ思いついたのが、天覇王まではDPで、天覇王になったら天覇王だけでDRで勝負するってのがいいんじゃないかなと。最近のDCGのランクマッチでも、レジェンド(最上位ランク)までは勝敗の☆とりで、最上位ランクではレーティング制ってのがよくある形なので、そういうのを真似してはどうかなと思いました。

ちなみに、27期まではDP制でしたが、対戦相手の選択制がなかったので、個人的にはこれはこれでアリでした。やはりDP制と対戦相手の選択制の相性が悪いのが問題なのだなと思います。

それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト



デュエルの環境読みの話

No title
返信ありがとうございます。回答いただけて感激です!!
同値の場合ガード率は35~40%ぐらいなのですね。

現仕様のDPレースだと攻速特化型は不利ということも考慮して、
攻速特化型を組むか悩みたいと思います。
アドバイス本当にありがとうございます(__)


攻速特化型がDPレースで不利というのは、個人的には当たり前なので、いただいたコメントに違和感を覚えたことから、今回はそのあたりのことを、もう少し丁寧に書いてみます。


まずは、デュエルにおける目標を決めないといけません。私の場合は「運営の定めたルールで鯖1位を取る=歴史書のデュエル1位に名前が載る」にしてます。というわけで、以下の内容は、W3+5鯖でデュエル1位を取る場合の話になりますが、目標は各人が自由に決めればよい(というか決めなければならない)ので、あくまで参考として読んでください。ブショーデュエルはおまけコンテンツなので、自分で目標を立てて楽しむのが一番です。

さて、w3+5鯖29期の場合の「運営の定めたルールで鯖1位」を取ることを考えていきます。29期のデュエルの仕様の特徴は3つあります。
①DRが廃止され、DPのみの評価となったこと
②対戦相手の選択制が引き続き採用されたこと
③対戦相手は自分のランクに近くなるように調整が入ったこと

①ですが、DPのみの評価ということは、基本的にS勝利(DP+30)をかき集めるのが最強です。重要なのはS勝利さえできれば、相手は誰でもよいということで、基本的に強者に挑戦するインセンティブは皆無になります。
②ですが、対戦相手を完全ではないにせよ選択できるということは、上手く選択できれば、強者との戦いを避けることが可能ということです。
③ですが、いくら自分のランクに近くなるように調整が入ったといっても、1位であれば対戦相手は全て下のランクになりますから、最悪でも2位~16位、実際には対戦相手を固定にはしないはずなので、2位~30位くらいからランダムに選ばれると考えました。

ここまで、考えると結論は割と簡単で、29期のデュエルの基本戦略は「対戦相手の更新ごとに、S勝利できそうな対戦相手だけを選択して、S勝利だけをかき集める」「1位はS勝利をどれだけ取りこぼさないかで決まる(理想は全部S勝利)」というものになります。

なお、上記のついては、28期終盤に運営からのデュエルの仕様変更に関するお知らせを見た段階で、検討したもので、29期はそれが実際に正しいかどうかを検証しただけです。(だいたい合ってました)

さて、あとはS勝利をかき集められるかですが、28期までの経験で、攻防知型だと、最上位(ごるび~氏とかつーちー氏)以外はおおむねS勝利できることが分かっていたので、29期は別にギリギリの攻防を楽しむ必要はないことから、10位~30位の対戦相手で相性がよさそうな相手を選んで、S勝利をかき集めることにしました。

で、29期デュエルにおける、唯一の戦術要素だと思っている「S勝利を取りやすい対戦相手を選択する」方法ですが、私の場合は以下の基準で選んでいました。6人のバランス構成で、攻撃力が弱めの対戦相手を狙います。

・6人構成
・R覇が入ってる構成
・L諸葛亮・徐庶が入っている構成は避ける(後で撤回)

攻防知型で、デュエルでS勝利を取る場合に一番怖いのは、相手の攻撃力が高く、獅子奮迅が貫通してA勝利になってしまうことです。先攻を取られるのは当然なので、相手の攻撃力が低いほど安定してS勝利が取れます。そのため、4コスト5人の構成は、全体的に攻撃力が高くなりやすい傾向にあるので避けたいと考えていました。また、R覇が入ると、仕様上攻撃力が下がらざるを得ないので、優先的に選択しています。L諸葛亮・徐庶は、本体性能も優秀なのもありますが、これを持っている人=過去にデュエリストとして活動していた、ということで、対戦相手からは除外していました。後半は、構成を見直している対戦相手が増えてきたこともあって、A勝利をもらった相手を除外する(kanna氏とか有馬氏とか)ように基準を見直しました。知力400攻撃力400万超の武将がいるような構成を避ける感じです。

当初の予定では、今期は全試合S勝利いけるかなーと思っていたのですが、流石にそれは私の想定が甘すぎたようです。実際にはkanna氏にD敗北をもらってしまったことを含めて、これを書いている時点での戦績は以下の通りです。勝敗は兵家の常としても、不戦敗3回は本当にデュエリストとしてはよくないと思ってます。

1733戦 1729勝4敗(S勝利1670勝、A勝利58勝利、B勝利1勝、D敗北1敗、不戦敗3敗)

ちなみに、今期は攻撃力・防御力課金も継続していないですし、対戦相手も16:40の2回目の更新までで15人選ぶようにしているので、デュエリストとしては全力を出していないことになります。1位を維持できているからまあいいかという感じですね。

最後に、攻速特化型の相性について書いておくと、攻速特化型は極めれば、すべての対戦相手に対して9割超勝利できるのが利点です。ただし、低くないガード発動率を考慮すると、A勝利率がかなり高い(3~4割くらいかな)ので、DPレース的には、S勝利をかき集めるのが基本の現仕様では、最上位を目指すには向かないというのが私の結論です。

ただ、対戦相手からすると非常に面倒なのは間違いないですし、独自色も間違いなく出せます。私のアドバイスはあくまでDPレースで上位を目指したいのですが、というのであれば攻速特化型は向いてないよ、というものであって、攻速特化型自体は面白いと思います。

最後に、今回の記事で書いてある考え方は、1位狙いのデュエリストなら、ある意味で当然のことなので、読んでいて「なるほどなあ」と思われた部分があったのであれば、それが私との差になります。(別に差があってもいいのですが、1位狙いならそこは埋めないといけないよってことです。念のため)

個人的には、現仕様のデュエルは、最上位層で直接対決する理由が皆無で、弱者狩りの上手さランキングになっているので、正直面白くはないです。(28期のDR制は、1位争いという意味では面白かったと思ってます。)このあたりは、運営がデュエルのことをよくわかってない証拠だと思っていて、もう少し頑張ってほしいなと思っているところです。

それでは、ごきげんよう。

ネトゲ戦記 第二部「空白日記」の感想とか(完全版)

空白日記のファンの鑑ことKaichoXです。空白雑記でネトゲ戦記 第二部「空白日記」が公開されました。ファンの鑑と呼んでいただいてうれしい反面、読んでいて私は「空白日記」の読み込みが足りていないことが分かったので、ネトゲ戦記の内容を中心に「空白日記」を年表に整理することにしました。

あらためて「空白日記」を読み直して思ったのが、「空白日記」の記事は3種類に分類できそうだなと。1つは「ブラ三攻略記事」でこれは初期から4期引退後のコメントバトルあたりが該当します。正直、ブラ三プレイヤーである私もここのイメージが強くて、他の記事はあまり読み込んでいませんでした。1つは「プレ空白雑記」でここは空白氏の趣味(寿司とかランスとか)が表れているなと。1つは「プレネトゲ戦記第二部」で社名こそ明示されていないものの、ネトゲ戦記から遡るなら、グラニ設立までの記述がかなり透けて見えます。ということで、以下の年表では「ブラ三攻略記事」を○、「プレ空白雑記」を□、「プレネトゲ戦記第二部」を△で示します。(分類は著者)



①mixi21-24鯖3期(2011/2/9~2011/6/8)
百花繚乱戦争に勝利後にブログ開始
○2011/5/14 ブログ開設 「空白日記」の初投稿
○2011/5/14 24鯖の回想 その1 ブラ三回想のはじまり
○2011/6/7 21-24鯖回想 その6 ブラ三回想のおわり
年表方式にしたのは、私が「空白日記」の更新日時とブラ三の期の関係を整理したいと思ったのがあります。空白氏はブラ三回想を丁寧に書いているので、1期から3期の動きも無関係の読者でも追えるのですが、改めて投稿日時を整理すると、3期終了3週間前(ブラ三的には終盤で来期に向けたカード育成をしている時期)にブログを開設して、3週間で1~3期の回想を書ききってます。このあたりの更新速度は流石だなと。mixi21-24鯖プレイヤー視点では、3期回想が一番面白いと思います。

②mixi21-24鯖4期(2011/6/9~2011/10/26)
○2011/6/9 今期方針 割と今までにないプレイスタイルの独立愚連隊の表明
○2011/9/28 4期 112日目 「新鯖で素晴らしい空白メソッドを用いて天下統一してみろよ」コメントの記事
○2011/10/26 4期 最終日 ブラ三引退
リアルタイム更新の始まり。読者との(心温まる?)コメント交流も始まりました。当時の「空白日記」が2chと並びブラ三界隈の中心だったのは間違いないです。4期は「空白日記」におけるブラ三コンテンツの中心なのは間違いないのですが、鯖の展開的には大味だったかなと。ブログを読めば空白氏が、4期は(相手に自分がいれば)負けるかもしれない条件をつけた、というのは分かるのですが、ブログ読者的には()内が無理ゲーすぎると思いました。雑魚農民だった私的には、4期のパクス=剛田ーナ(剛田雑貨店による平和)はありがたいと思ってましたけど、大戦再びという感じではなかったですね。

③mixi21-24鯖5期(2011/10/27~2012/3/29)
○2011/11/30 ぶらうざさんごくし ブラ三のデータ削除
○2011/12/31 ぶらさんぶろぐ kanto永世覇王のブログ紹介とか
□2012/2/13 買ったった ハイエンド炊飯器の紹介(参考:「空白雑記」精米機と炊飯器
△2012/2/14 ブラ三はクソゲーなのか? 「ゲーム性を持ったソシャゲの終焉」モデル考察記事 セガでネトゲの企画を考えていた時期か?
□2012/2/16 神ゲー ランスクエストマグナム(ランス8拡張)の紹介記事(参考:「空白雑記」「ランスシリーズ」という神話
□2012/2/16 雑記 本棚の話とか(参考:「空白雑記」Ipad Proの機種変更するときにKindle本棚を移行する方法
□2012/2/24 魚がし日本一 コスパの良いお寿司の紹介記事(参考:「空白雑記」100点の寿司の食べ方
△2012/3/14 忙殺 ゲーム講義 セガからgloopに転職した時期か?
△2012/3/23 どうしてこういうゲームが生まれるのか ブラウザMCアクシズ(ブラ三クローンの一つですでにサービス終了済み)の紹介 無料のIP(知的財産権)の下りが、完全に谷さんの教えそのままだったり。(参考:「空白雑記」ネトゲ戦記 第二部「社員総会」
5期はカード整理からデータ削除で、空白氏がブラ三のプレイをやめたわけですが、ウォッチ対象として引き続き、ブラ三のカード追加などのイベントを取り上げて記事にしています。そして、そこから始まるコメント交流の数々。この記事を書くために改めて「空白日記」を読み直しているわけですが、たまに自分の8年前に書いたコメントが出てきて、わりと恥ずかしいのですが。ちなみに、kanto永世覇王というのは、空白氏のmixi21-24鯖4期に仲間だった人であり、ランス仲間であり、mixi21-24鯖の伝説のデュエリストです。(デュエルというのは、ブラウザ三国志内のコンテンツの一つで、強い人は覇王と呼ばれています。)mixi21-24鯖はデュエルが非常に盛んな鯖で、全鯖でも最強だったと思っていますし、ブログを書く人も多かったのですが、その中でも一際強かったことから、私は敬意をもって永世覇王と呼んでいます。(余談が過ぎますが、kanto永世覇王はランスシリーズのサテラちゃんが好き過ぎることでも有名でしたが、最近「ネトゲ戦記」を読むために始めたtwitterのおかげで、今でも変わらずサテラちゃんを好き過ぎることが分かって、私はうれしいです。)あとは、ちらほら「空白雑記」に直結する記事が増えてきたかなという印象があります。もちろん数年間の差があるので、ランスシリーズは完結したり、漫画は電子書籍になったりと、時代の流れを感じるわけですが。そして、セガからgloopsへの転職があった時期とも重なることもあり、ネトゲ戦記の記述を裏付けるリアルが透ける記事も増えてきます。無料IPの内容なんかは、谷さんからの教えそのままで、両者の関係性が良くわかりますね。

④mixi21-24鯖6期(2012/3/30~2012/8/8)
△2012/3/31 リアル割れ gloopsのエンジニアに空白氏が身ばれした話
○2012/4/8 ブラウザ三国志の課金システムについて lalha氏との絡み記事
△2012/4/8 何故ブラウザ三国志は衰退したのか ブラ三よりもgloopsのオーディンバトルの方が面白いよという記事
□2012/4/25 ノーゲーム・ノーライフ1巻発売 「空」「白」の兄妹が出てくるラノベ(参考)
○2012/4/26 おたへん 参戦率に関するlalha氏への返信記事
○2012/4.28 職場よりおたへんを込めて lalha氏への返信記事
△2012/5/15 やばい 20連勤
△2012/5/27 三国志バトル 三国志バトルの実質的なディレクターによる露骨なステマ記事
△2012/6/29 あしたのために 三国志バトルの露骨なステマ記事その2 イラストには著名な漫画家を採用してるよ。ちばてつや先生もいるよという記事。
△2012/7/2 能力 三国志バトルを作り上げた感想
ブラ三6期は、空白氏がgloopsに転職して三国志バトルの実質的なディレクターとして激務をこなしていた時期なので、それに関係する記事がいっぱいあります。そして、空白氏が書いているように三国志バトルに関しては、露骨なステマを書いてます。なお、ここではほとんど取り上げませんでしたが、ブラ三界隈的には「空白日記」はまだまだブラ三ブログであり、コメントバトルは結構あります。ただ、その中でもlalha氏絡みの返信は、読むと分かりますが非常に丁寧だったりします。これが第三部につながるのは、胸熱な展開だと思います。

⑤mixi17-24鯖8期(2012/8/9~2012/12/5)ここで8鯖統合になりました
□2012/8/14 P4G ペルソナ4Gの感想(参考:「空白雑記」P5Rクリア。98点。ネタバレ感想©アトラス(こう書けって公式が言ってた)
△2012/9/28 攻城戦 gloopsのガーディアンブレイクはクソゲーだよという記事
△2012/10/2 Exit gloopsがNEXONに買収されたよという記事
△2012/11/25 近況 グラニ設立
□2012/12/5 空白ラノベ化 空白氏によるノーゲーム・ノーライフの紹介
△2012/12/5 エロメール lalha氏による食事会のお誘いの話
ブラ三を続けていれば17-20鯖と統合していた、mixi17-24鯖8期ですが、流石に「空白日記」はこのころはブラ三ブログの中心ではなかったかなと。それでも、ブラ三関係のコメントが付いたりするのは流石というところですか。空白氏がgloopsからグラニ設立した時期ということもあって、古巣にはきっちりあてつけ記事を書いているのは、空白氏らしいです。lalha氏はグラニ設立にも関与しているぐらいなので、この時点では当然リアルでも交流があったはずですが、「空白日記」でもちゃんと交流してますね。というわけで、「空白日記」は会社名を補えば、ネトゲ戦記第2部行けると思います。

⑥mixi17-24鯖9期(2012/12/6~2013/4/16)
2012/12/20 ぽかぽかする 「空白日記」の最終投稿
そして、役目を終えた「空白日記」は更新を終えたのであった。

個人的に、ネトゲ戦記を読んでいて思うのは、谷さん(グラニ社長)が空白氏を裏切ったのは、グラニ設立までの谷さんの空白氏への対応が適切だっただけに、本人的に理由はあったのだろうけど、本当に惜しいことだと思いました。

それでは、ごきげんよう。

コメント返信(ガード発動率について)

デュエルの記事いつも楽しみにしております。
ガードの発動率についてお聞きしたいです。

知力400で相手の防御力と同じぐらいの攻撃力で攻撃した場合、
どれくらいガードで防がれてしまうものなのでしょうか。(半分以上ガードされてしまう?)

攻撃と移動速度にガン振りのデッキを組んでみようかと考えています。
感覚値でもありがたいですので、ご教示いただきたいです。
2020-06-08(12:51) : ブログ読んでます URL : 編集


コメントありがとうございます。
攻撃力と防御力が同じくらいの場合のガード発動率ですが、35~40%だと思います。

その根拠ですが、私にとってガード発動率が重要だったのは、27期までのバランス型の時代だったわけですが、当時の勝率が大体93~90%でした。一番勝率が高かったのが、バランス型の構成を完成させた25期で、それから期が進むにつれて少しずつ下がっていった感じです。

で、当時はガード発動率が勝率に直結するので、調べないといけないと思いながらも、面倒でやらなかったのですが、今回コメントをもらって改めて考えると、最終勝率からガード率はおおむね推定できるのではないかと思いました。

バランス型の戦略の基本は、先攻を取って6回相手を先に殴れば有利というものです。で、例えばガード発動率が0%であれば、勝率は100%になるはずですし、ガード発動率が100%であれば勝率は50%(正確には引き分け)に近づきます。では、最終勝率が93~90%となるような、ガード発動率を計算してみると35~40%と出ました。体感ともおおむねあっていると思います。

計算の詳細は省略しますが、以下の条件を想定して計算しました。
・先攻も後攻も6人とする。(当時のバランス型は6人が基本だったので)
・攻撃力と防御力は全員同じとする。(4/4/4/4/2/2型だと2コストが当然弱いのですが、計算が大変すぎるので全部同じと仮定しました)
・先攻が先に6人攻撃してから、生き残った後攻が反撃する。(これも当然2コストだと遅いのですが、先攻取れると仮定します。ただ、私の構成では2コストでも速度4000~5000くらいあって、それなりに6人とも先攻で来ていたので、ここはそれなりに妥当かなと。)
・攻防は1ターン目だけ考える。(実際のデュエルは3ターン目まであるわけですが、2ターン目以降は知力が400なかったりするので。)
・生き残った武将の数が多い方が勝利として、勝率は先攻勝利/(先攻勝利+後攻勝利)で計算する。(1ターン目の攻防だけだと、引き分けとなることも多いのですが、実際にはC引き分けはほとんどなかったので)

でまあ、先に獅子奮迅で6回殴れる先攻が圧倒的に有利なわけですが、それでも後攻に10%ぐらい負けるには、ガード発動率が35~40%ぐらいないといけないことが分かりました。25期から勝率が徐々に下がっていったのも、他の方の構成が少しずつ強化されていって、ガード発動率が少しずつ上がっていった結果だとするのが、今から振り返ると妥当に思えます。(おおむね、速度最速は維持できていたと思っているので)

また、私の今の構成だと私の攻撃力は600万くらいあって、相手の防御力よりも圧倒的に高いのですが、ほとんどガードされないことを考えると手よりも相対的に攻撃力が高いほど、ガード発動率は下がると考えてよいと思います。それと、獅子奮迅のダメージが100を超えるようになるのは、攻撃力が防御力の3分の1ぐらいからかなと。私の構成の場合(防御1200万くらい)、相手の攻撃力が400万を超えてくると、攻撃が貫通してA勝利をもらい始めるイメージがあるので。

攻速特化型を組むのであれば、上記の情報があれば十分かなと。ただ、攻速特化型は、攻防型に対して有利(勝つだけなら簡単)が付きますがS勝利が安定しなさすぎるので、現仕様のDPレースでは圧倒的に不利だなというのが、私の中での結論です。あと、6人構成と5人構成のどちらにするべきか悩ましいのもあります。(これはどっちも作っておいて、相手の構成によってスイッチするのがいいのではと思ったりしますが)少なくとも、5人構成で6人構成を相手にすると、ほぼS勝利が取れないというのは、弱点として押さえておかないといけないのかなと。

それでは、ごきげんよう。

ついに負けてしまった。

kanna氏にD敗北しました。最近A勝利することが多くなってきて、ちょっとやばいかなーと思ってたら、負けてしまいました。


でも、実はすでに不戦敗3回してるのは内緒だよ。

それでは、ごきげんよう。
プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

w3+5鯖24期~29期デュエル1位でした。30期からはデュエル不参加です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる