FC2ブログ

シン・ネトゲ戦記の感想

完結から大分時間がたってしまいましたが、空白氏の「シン・ネトゲ戦記」が完結したので、感想を書きます。

シン・ネトゲ戦記は、あとがきが追加されたりしているので、今から読むのであれば、シン・ネトゲ戦記を読めばいいと思います。とはいえ、内容についての感想は以前の記事で書いたので、今回はそれ以外に思ったことを書きます。

1.資産6億の話
資産6億(とはいえ、現在はもっとあるらしいですが)は、グラニの裁判で手に入れたということでよいとして、年収2000万の方は私には何をやっているのか、想像がつきません。空白氏のツイッターは読ませていただいていますが、本当に暇そうなので。空白氏の能力を図るなら、年収2000万の方に注目する方がいいのだろうと思ってます。

さて、裁判で手に入れた6億ですが、個人的にはかなり皮肉な結果だと思いました。グラニの売却金額が14億で、裁判で空白氏に6億以上支払っているということは、グラニ由来のお金は、現時点では空白氏の方が谷直志氏よりも持っている可能性が高そうだなと。株を71%持っていた谷直志氏と、株を8%でいいよと言った空白氏の結末がこれというのは、理屈の上では、グラニ株が最も高かった2014年の90億の8%は7億ぐらいだからと言っても、出来すぎているなと。

そもそも、谷直志氏と空白氏の求めたものは、微妙に違っていたと思うので、谷直志氏が妥協すればこの結末はなかったなあと。谷直志氏は株を71%も持つくらいなので、お金がかなり大事なのだろうなと感じました。一方で空白氏が求めたのは、株を適切な金額で買ってくれです。つまり、空白氏が納得する金額なら6億も払う必要がなかったわけで、ここはどう考えても谷直志氏のミスだろうなと。実際に、空白氏からの働きかけでGREEからは5000万円で買い取るのはどうかという提案があったわけで、これに乗っておけばよかったのにと、私としては思わずにはいられません。

重要なのは、これは空白氏からの働きかけというところで、自分から提案しておいて蹴るのは、空白氏の理念から言ってあり得ないので、谷直志氏が妥協できればここで終わりだったのになと。その意味では、谷直志氏にとってはお金よりも空白氏を倒すことの方が重要だったのだろうと思います。まあ、この辺りは仕方ないね。

ただ、谷直志氏(もしくはその関係者)が空白日記を読んでなさそうなところは、シン・ネトゲ戦記を読んでいて気になりました。空白氏が執念深いところとかよくわかるのにね。

私は空白氏のファンなので、空白氏が6億手に入れたことはよかったと思ってますが、裁判にならなかったらもっとよかったのにとは思ってます。

2.空白氏の直観の話
空白氏の最大の能力は直観であるというのは、空白氏自身が明言していますし、現在では私もそうだろうなと思います。ただ、空白氏は直観の言語化能力も非常に優れていて、個人的には言語化能力だけでも十二分にすごいと思ってます。このあたりは、UOの攻略本作成や空白日記の更新といった鍛錬によるのだと思ってますが。天才が自ら自分の解説をしているのは、確かにカエサルのガリア戦記に通ずるものがあるなと。

あと、空白氏が「基本的に自分の書いた文章は読み返さない」と書いているのは、私ははじめ信じられなかったのです。例えば、「空白日記」と「シン・ネトゲ戦記」には、同じことが書かれている箇所(当然ブラ三部分ね)が結構あるのですが、これは私は空白氏の記憶力が優れていて過去の文章が残っているのかなと思っていたのですよ。でも、実際にはネトゲ戦記はリアルタイム更新(下書きやプロットすらない)だったわけで、同じなのは中の人だけということを知って、うへえこれはかなわんと思いました。しかもそれでいながら、文章が実に面白いのです。

ちなみに、空白氏自身が読み返さないということは、私は空白氏の文章を最も読んでいる人の一人になりそうです。「空白日記」は全部通しで20回以上は読んでいるはずだし、「空白雑記」も3回くらいは全部読んでいるはず。「ネトゲ戦記」も「シン・ネトゲ戦記」もリアルタイム更新で見てるし、まあファンの鏡ですよ。

私はだから空白氏が裁判を苦手だとは思っていないのですが、言語化能力は直観の下位機能と言われてしまうと、空白氏の能力の深淵は私の想像を超えているなと。

それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト



プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

w3+5鯖24期~29期デュエル1位でした。30期からはデュエル不参加です。
31期はデュエル復帰します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる