弓使いのための5期レベリング領地考察

前回の記事は、同じ戦力をぶつけるなら下級兵相手の方がお得ですよという、
ブラ三の兵士の仕様を説明しただけだと読み直して思いました。
じゃあ、戦力が違う場合はどうなのか気になったので、あらためてシミュレーターを使って考察してみました。
レベリングでも普通は、スキルが弱い武将は☆5に、スキルが強い武将は☆8に出しますよね。

せっかくなので、弓使いがレベリングに使いそうな領地をピックアップして比較してみます。
まあこの話は以前紹介した「ブラ三武将育成ブログ」でも触れられているのですが、
それをより具体的に見てみようという企画です。

今回取り上げる領地は以下の通り。
mixi5期領地で、乱数2.6の条件で獲得経験値が大体同じとなるように距離を調整してあります。
またその上で剣兵をつけなかったときの弩兵の損害率がほぼ10%になるように弩兵の人数を調整してあります。
例えば、☆5の1.24倍の戦力が出せるなら☆6でレベリングしても獲得経験値も損害率も大体同じになります。
また、当然ながら距離が短いほど時間効率は上がります。

領地(mixi5期)距離無強化弩兵人数攻撃力(☆5の何倍か)獲得経験値(討伐500)
☆5(岩6)100071300749万(1.00)464780
☆6(岩10)309.588500929万(1.24)465160
☆8(森2岩4鉄1)127.591800964万(1.29)464740
☆8(森14)109955001003万(1.34)464080
☆9(岩1)541029001080万(1.44)465940

上記の領地と距離と戦力の組み合わせで、剣兵を付けたときの弩兵被害率の変化を示したのが以下のグラフです。
剣兵無しで10%の被害想定でレベリングを組んだ場合、相手が上級兵・下級兵に関わらず、
剣兵を大体8%程度混ぜると、軽減効果が一番高いことが分かります。
また上級兵の剣兵防御の高さのため、下級兵でのレベリングに比べて上級兵相手では0.5%程度被害が増えます。
剣兵比較2
以上のことを踏まえて、私は☆5(岩6)と☆8(森2岩4鉄1)を使い分けていますけど、
十分な戦力に適正な数の剣兵を付けられるのであれば、他の領地を使うのもありですね。
各人の遠征訓練所のレベルやイン時間に合わせて、時間調整用に使い分けるのも面白いかなと。
レベリングの効率は、各人の環境に合わせてどれだけ最適化するかが鍵だと思います。
そういう意味では、シミュレーター相手に考えただけ効率が上がる分野じゃないかなと。
経験値課金や即帰還も大事ですけど、無課金でもその大元の効率を上げるのは重要だと思うので。
まあ、えらそうに考察してますが、私自身はかなり適当にレベリングしていますけどね。
ブラウザ三国志・攻略ブログ
スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

mixi21-24鯖メイン、29+30鯖サブでプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる