デュエル1位になるために考えていたこと

昨日ご紹介した利根川覇王様から書簡をいただきました。ありがとうございます。
私が推測したデッキ構成ですが、ちょっと違っていましたので
ご本人からいただいたgyazoを紹介しておきます。
これが、29+30鯖4期現在の1位覇王の構成です。
http://gyazo.com/aa31a4419a2aa52efe5be323a9e602cf
攻撃スロットはUR張飛(燕人武陣)でしたか。
3.5コストはUR張遼しかないと思い込んでいましたが、
UR張飛2も初期攻撃力470なのでありですね。

さて、今日もデュエルの雑談を。
デュエルで鯖1位になるにはどうしたらいいかについての個人的な考えていたことを。

デュエルはブラ三でも仕様がはっきりしている分野なので、デッキの強弱がはっきり分かります。
かつての移速特化仕様なら速度(と最低限の攻撃力)だけで序列がつけられましたし、
現行の飛翔じゃんけん仕様でも考慮すべき要素こそ増えましたが、ある程度は戦わなくても判断できます。

まあ、ここはいつも考察していることですね。
ただデュエルの強さには、また別の要素があると思っています。
それはデュエリストとしてどれだけのリソースをデュエルに割り振るれるか、ということです。
これは、とりわけ移速特化時代に顕著でした。

デュエルは課金者優遇だという意見を、どこかで目にしたことがあります。
UR趙雲を手に入れたり、800CP振りなおしを駆使しないと上位に食い込むのはきつかったので、
これはある意味で正しいのですが、正確ではありません。
「デュエルに興味がある課金者が優遇されている」というのが正確な表現です。

かつてのデュエルはブラ三の本来の遊びからすると、デメリットの塊でした。
デュエルにセットした武将はデッキに上げられないので、せっかくの単騎武将や内政官も活用しにくいです。
(神医が豊富にあれば大丈夫ですが、神医が必要という時点でそもそもハードルが高いでしょう)
そして、デュエルでも武将のレベルは高いほど有利なので、デュエル用武将のレベリングをするわけですが、
これは結果としてデッキ本体のスコア・経験値を奪うことになります。
結果的にデュエルに尽力するほど、デッキが弱体化するので、
課金者でもデュエルで名を馳せたいという人以外は、そこまで力を入れていなかったわけです。

つまり移速特化時代のデュエルは、本人のデッキの強さ以外にデュエルへの熱意という隠しパラメータがあって、
その掛け算でデュエルの強さが決まるところがありました。
だからこそ、デュエル専用デッキを育てたり、毎日ちゃんとデュエルにエントリーするといったことで、
デュエルの強さを底上げすることができたわけですね。(デッキ本体は弱体化しますけど)

私が29+30鯖で1位になれたのも、私ほどデュエルに注力しているライバルが鯖にいなかったからだと思ってます。
ちなみに、ライバルがいた方がいいかどうかは人によって違うと思いますが、私は不在の方が楽でよいです。
ライバルと競い合うのが楽しい人もいると思うので、そこは個人の好みで。
(ライバル不在と書きましたが、覇王の新喜劇がデュエルの縁で結成されたという話を聞いて、
1期の猛者は覇王の新喜劇2期の運営に忙しかったのではないかと思ったりしてます。)

さて、これを踏まえて飛将じゃんけんの新時代デュエルですが、
仕様変更で大きく変わったのがデュエル参加者層でしょう。
かつてのデュエルは「えらばれし(物好きな)課金者」達の宴といった感じでしたが、
今のデュエルは、「潜在的にデュエル強者の鯖上位者」達のバトルロワイヤルといった感じかな。

デュエルに参加することのデメリットが軽減された上に、飛将武将が前提という仕様になったことで、
各プレイヤーのデッキパワーがそのままデュエルの強さに反映されやすくなりました。
今でもリソース分配で上乗せできる部分はありますが、昔ほど大きな差はつけにくいですね。
剣兵飛将は、さすがデュエリストといった感じがしますが。

色々と書きましたが「ぼくのかんがえるさいきょうのでっき」を作り上げるという、
デュエルの面白さの本質は変わってないので、飛将じゃんけん面白いという人は頑張ってください。

ブラウザ三国志・攻略ブログ
スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

mixi21-24鯖メイン、29+30鯖サブでプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる