スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強襲レベリングの攻撃力の目安について 前編

強襲の計算式については解説記事を書きましたが、
その応用編である強襲レベリングについては放置してたので、
改めて記事にしてみます。この方が需要もあるでしょうし。

レベリングは時間効率と資源効率の兼ね合いですが、
強襲と殲滅戦の選択もその一例になります。
レベリングを強襲で行うと殲滅戦よりも損害が減るので、
資源効率は上がりますが、85%ルールで殲滅しきれない場合、
1回当たりの獲得経験値が減るので時間効率が下がります。

というわけで、今回は強襲レベリングをどの程度の攻撃力で行うべきかについて、考察してみます。

今回、計算に使う条件は以下のとおりです。
レベリング領地:5期☆5岩6
距離:918.27
弩兵:LV10(+60%)
武将のスキル:弓兵(+65%)
攻撃力課金:有
経験値課金:有
軍令台、勝鬨等の上乗せ:無
武将の攻撃力:無視
討伐ゲージ:500

前編では簡略化のため弩兵のみでレベリングする場合を考えます。
上記の条件では弩兵21000人いれば強襲で100%殲滅が可能なので、
弩兵21000人で殲滅戦でレベリングするケースを、標準として考えます。
ちなみに、この場合の獲得経験値と損害の平均は以下のとおりです。
獲得経験値平均:427168
弩兵損害:2032人

次に、弩兵6000人~21000人の各ケースについて、強襲レベリングの結果をグラフにします。
強襲レベリング

グラフの説明は次のとおりです。
殲滅確率:強襲で85%ルールにより殲滅できる確率
損害比率:殲滅戦の弩兵の損害との比率
時間効率:殲滅戦と比較した1回のレベリングで獲得できる経験値の比率
資源効率:殲滅戦と比較した経験値当たりの弩兵の損害の比率

強襲レベリングの攻撃力の目安として、資源効率が100%以上の場合を考えると、
今回のケースでは弩兵17000人以上で強襲するのがよいでしょう。
ちなみに17000人の時の各種数値は、
殲滅確率:86.2%
損害比率:97.0%(損害平均1978人)
時間効率:97.5%(獲得経験値平均414548)
資源効率:99.7%
となります。

これを攻撃力と守備力の比率で書きなおすと、
攻撃力(弩兵17,000人):441万
守備力(乱数3):171万
441÷171=2.58倍ということになります。

というわけで、乱数3の2.6倍以上の攻撃力で強襲レベリングを行えば、
強襲の利点を十分活用できるのではないかなと私は思います。
とはいえ、ここは各人の判断で調整してください。
例えば強襲で絶対に殲滅したい人は、3.2倍以上の戦力を用意すればOKです。

強襲でのレベリングが常識となって久しいですが、
今回の結果をからも強襲レベリングの有利さがわかります。
今回の考察で一番大きいと思うのは、宿舎枠が4,000人少なくても、
殲滅戦とほぼ同等のレベリング環境が用意できるところかなと。

後編では、剣兵や槍兵で被害軽減を行った場合について考えていきます。
ブラウザ三国志・攻略ブログ
スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

mixi21-24鯖メイン、29+30鯖サブでプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。