対ガチムチデュエリスト考察

今日は29+30鯖2期の最終日でした。

一応デュエルには現状の最強構成で参加したのですが、
無事に3連勝することができ、2期のデュエル1位が確定しました。

歴史書に名前が乗るのは初めてなので嬉しいです。


さて、無事に1位で終われたので3期に向けたデュエル考察でも書いてみます。
今回のお題は、ガチムチデュエリスト対策です。

ガチムチデュエリストというのは、メインにガチムチ武将を置いたデュエリストのことで簡単に言えばこの人です。
(参考:白馬に乗ったおじい様のブログ
29+30鯖の有名人、白馬に乗ったおじい様ですね。

さてガチムチデュエリストの基本戦略は、飛将を含む3種の火力スキルで火力を強化し一撃必殺というもので、
一見すると移速ゲーのデュエルからすると微妙ではないかと思われるかもしれません。

が、1位の立場からすると敵に回すと実に厄介な相手です。
今日はそのあたりを考察してみようかなと。

まずは現状の確認ですが、私の2期終了時のスキル込み移速は1010です。
対するじい様の移速強化スキルが無いこともあって200前後と考えられます。

デュエルでは移速差の絶対値で攻撃の命中率が決まり、移速差200もあればほとんど当たりません。
じい様とは移速差800もありますので、対戦したらほとんど攻撃が当たることは無いでしょう。

とはいえ、命中率が0%になることは無く、移速差がいくつであれ当たるときは当たります。
個人的には、この下限は5%前後の固定値だと考えています。

さて、ここにガチムチデュエリストの恐ろしさがあります。
移速差200であれ800であれ、稀に攻撃が当たるわけですが、1撃でも当たれば即死させられるため、
中途半端に移速強化している相手よりも、よっぽど恐ろしい相手になります。

実際の数字を出して計算してみます。
といっても、お互いに簡単のために何発の攻撃が当たったら相手を倒せるかで分類します。
ガチムチデュエリストなら1発即死になるわけですね。
なお、下限はマスクデータなので、何通りかに分けて考えます。

以下の表は、相手側が先攻の場合の、相手側の勝率(%)を示してあります。
①下限が5%のとき
私/相手1撃2撃3撃
1撃500
2撃9.750.250
3撃14.260.750.0125

②下限が3%のとき
私/相手1撃2撃3撃
1撃300
2撃5.910.090
3撃8.730.270.0027

②下限が1%のとき
私/相手1撃2撃3撃
1撃100
2撃1.990.010
3撃2.970.030.0001


そもそも、命中率の下限が推定なので上記の数字に根拠はありませんが、
見て分かるように、先攻のガチムチデュエリストの勝率は無視できません。
なおこちらの火力もそこまで弱くは無いのですが、相手を倒すのに2撃は必要なので、
超火力を2発はかわす必要があります。

それでも勝率が90%以上あるからいいという考え方もあるでしょうが、デュエルレートの期待値を考えると、
負ける可能性が10%あるのはかなり大きい数字です。
こちらは勝っても1しか増えませんが、多分負けたら20は軽く持ってかれますからね。

しかも、この対策としては一般的なデュエル強化である移速強化は無意味で、
火力の強化(相手の攻撃機会を減らす)か、
デュエルレベルの強化(1撃で倒されないように頑張る)か、
防御武将の強化(1撃で倒されないように頑張る)必要があります。

どこかでデュエリスト上位にとって怖いのは一撃屋という書き込みを読んだことががあるのですが、
今になってようやく実感できました。

じい様の構成からして、デュエルの1ページ目に来るのは確実なので、
3期は死闘を繰り広げることになりそうです。

ブラウザ三国志・攻略ブログ
スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

mixi21-24鯖メイン、29+30鯖サブでプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる