FC2ブログ

DPとDRの話

今回はw3+5鯖の28期のDR(デュエルレート)導入時の話を書きます。DRは対戦相手の選択制の実装と並んで導入された、デュエル改革の目玉でしたが、結果はDRは1期で撤回されてしまいました。まあ、この原因は色々とあるでしょう。

・DRはいわゆるレーティングなのに、0スタートだった。
・報酬はDR35000まで設定していたが、仕様上どう考えてもそこまで上げられなかった。

あたりは、運営は良くわからないまま適当に実装したのだなと思いました。

ただ、デュエリスト的な視点で言うと、そんな適当なDR制でも、個人的にはかなり楽しめました。少なくとも29期のDP制よりは、楽しいと思ってます。というのは、DR制では最上位(2位とか3位)のライバルに勝てないと1位にはなれないため、鯖最強が誰かが明確になるからです。

28期のデュエルの仕様の特徴は3つあります。
①DRが追加され、デュエルの順位はDRで評価されるようになったこと
②対戦相手の選択制が採用されたこと
③対戦相手は鯖最上位、同じぐらい、最下位から選択できるようになったこと

①ですが、DRのみの評価ということで、基本的には強い相手に勝つ方が有利ですが、DRが400以上小さい相手と戦う場合は、誰でも結果は同じ(S勝利でDR+7)なので、可能な限り弱い相手の方が得になります。
②ですが、1日3回対戦相手が更新されるので、自分にとって都合の良い相手だけを選択できます。
③ですが、28期の対戦相手のリストは極端で、最下位が本当に最下位(デュエル初心者またはNPC)とS勝利が余裕の相手を5名選択できたので、S勝利を15勝するだけなら簡単でした。その上で、上位を目指すには自分とDRが400離れていない人と戦うことで、上位を目指すのが基本となります。

上記を踏まえると、28期のデュエルの基本戦略は「対戦相手の更新ごとに、自分とDRが400離れていない人で勝てそうな対戦相手を選択する。そうでなければ、最下位のNPC相手などを相手にS勝利を稼ぐ」「1位がDRで勝つには、2位とか3位に勝ち越せないといけない」というものになります。

DR制の場合、弱者狩りがどれだけ上手でも、最上位の争いで勝ち越せないとDRレースを勝ちきれないので、デュエリスト間の格付けが明確になるという利点があります。28期の場合、私はバランス型で初め負け越して、攻防知型に組みなおしてから勝ち越したので、その印象が特に強いです。

ただ、DR制は鯖全体でやるには問題の方が大きかったと思うので、1期で廃止となったのは当たり前だと思ってました。DRを廃止したのは英断だと思いますが、その結果が29期の仕様なので、ことデュエルに関してはブラ三の運営はアホだと思ってます。

まあ、私もデュエリストとはいえ、隠居の身でもあるので、運営がデュエルをどのようにしようとかまわないのですが、一つ思いついたのが、天覇王まではDPで、天覇王になったら天覇王だけでDRで勝負するってのがいいんじゃないかなと。最近のDCGのランクマッチでも、レジェンド(最上位ランク)までは勝敗の☆とりで、最上位ランクではレーティング制ってのがよくある形なので、そういうのを真似してはどうかなと思いました。

ちなみに、27期まではDP制でしたが、対戦相手の選択制がなかったので、個人的にはこれはこれでアリでした。やはりDP制と対戦相手の選択制の相性が悪いのが問題なのだなと思います。

それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

w3+5鯖24期~29期デュエル1位でした。30期からはデュエル不参加です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる