FC2ブログ

デュエルイベントのよもやま話

デュエルイベント武闘祭も13回目なので、知っていて当然のことばかりですが、適当に書いてみます。

ランキング報酬では、とにかく指南鶴爺が貴重品なので、10位以内に入れるかどうかが重要です。ランキング上位に入るために重要なのは、自分よりも強い人が10人上にいないことなので、ボーダーぎりぎりの人は、ライバルの動向を確認してから兵科を選ぶことも作戦としてありだと思います。まあ、私みたいに10位が余裕であれば、報酬を見てから兵科選択すればよいですが。

ライバルを見るのであれば、報酬の価値が分かっていることは重要です。まず、L武将に関して言えば、L呂氏>L典韋>L劉封は確定なので、基本的に上位陣には錘兵は一番人気になります。ただし、指南鶴爺の方がより貴重品なので、設定次第では入れ替わります。現在は、攻防知型の時代なので、覇王の帝護斬、覇王の帝賢護、覇王の帝賢斬の3枚は、特に重要です。その中でも覇王の帝護斬は特に人気が高く、報酬として設定された場合、上位陣が集まりやすいので注意しましょう。ということを、この記事で初めて知ったのであれば、ランキング上位は狙わない方が無難です。

達成報酬を狙うだけなら、多少負けても大丈夫ですが、ランキング上位を狙う場合鋭兵の試練は全勝が前提で、あとはどれだけS勝利を逃さないかになります。運次第では負けることもあるのではという人は、追撃(200CP)の存在を忘れています。上位陣は普通にやっても負けませんが、万が一負けた場合でも追撃で確実にB勝利にしてくるので、絶対に負けません。S勝利かA勝利かは、流石に運が絡んできますが、300~400戦近く戦えば流石に実力が出ます。

あとは、デュエルイベントの基本中の基本ですが、体力を無駄にしないことです。とはいえ、体力100回復には、800分=13時間20分の猶予があるので、ネットゲームのイベントとしてはかなり余裕があります。

小ネタとして、同じ勝利数の場合、先に勝利した方が順位が上になるというルールがあるので、基本的には体力5貯まったらすぐに戦う方がいいのですが、この差でボーダーが入れ替わるケースはほとんどありません。まあ、自分が上で確実に逃げ切りたいときには意識しておくと少し気が楽になるかもしれません。

NPCの構成は、150戦以降に最終構成の4パターンとなるので、150戦まではNPCの構成を気にする必要はありません。150戦まで全てS勝利できないのであれば、やはりランキング上位を狙わない方が無難でしょう。

NPCの4パターンの強さについては、デュエリストとしての実力が出る数少ない要素の一つなので、デュエルの基本的なルールを踏まえて頑張りましょう。S勝利が重要ということは、こちらに被害が出る可能性のあるNPCに殴られないことが一番重要ということで、高知力(スキル込み知力200以上)の武将に先攻されるような構成は避けた方が良いです。まあ、それでも組み合わせによっては、戦わざるを得ないこともありますが、そこは自分のデッキを信じましょう。

通常デュエルと構成を変える場合は、副将の入れ替えを間違えないとか注意することが増えますが、大多数は使い分けていなそうなので、これは上級者向けだと思います。

デュエルイベントはデュエリストからすると、あまりにも代わり映えがしないので、上位報酬をもらうだけの作業といった感じですが、もらえるものが重要すぎて、参加しない選択肢がありません。たまには幻影の試練、再びとかしてもらいたいところですが、あれはあまりにも一般人お断りだったので、多分二度と開かれないと思います。

それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

w3+5鯖24期~29期デュエル1位でした。30期からはデュエル不参加です。
31期はデュエル復帰します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる