スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UR武神関羽完成 in 29+30鯖

デュエルの移速スロット武将として以前落札したUR武神関羽ですが、
本日(個人的な)スキル育成目標を達成したのでご報告。

育成方針としては以前書いたこの記事にあります。
というか、この頃はまだ猛撃3・修練3だったんだなあ。懐かしい。

①猛撃LV7の生贄作成
ちょこちょこレベリングに出していたC魏延にUC甘寧やらUC魏延を落札して4%ちょっとで合成連打しました。
最近はLV200超の神医合成クラスに慣れてしまっているので、素材が安いとはいえ4%での連打が面倒に感じました。
スキルが付いてしまえば、あとは素材を重ねてLV7まで上げるだけ、ということでC魏延を即落札して上げました。
個人的には重ねのベースにC魏延を使ったのは少々失敗だったと思ってます。
体感ですけど、LV7までスキルレベルアップをするのにUCとCでは明らかに成功確率が異なるので、
格安のUC文聘なりUC黄蓋なりを起用すべきだったなあと。
C魏延猛撃付与
②UR関羽の猛撃レベルアップ
餌が完成してしまえば後は重ねるだけです。
UR関羽のレベルも300近くスコアも1000万超あるので、生贄はR5枚で大丈夫だろうということで惜しみなく投入。
猛撃素材の価格が下がっている現在では、猛撃武将の作成コストも昔よりも下がっていますが、
LV100近くまでレベリングして4%連打するのは非常に面倒なので、R武将を惜しみなく使うべきだと思ってます。
合成猛撃8
生贄R5枚
で、無事に猛撃LV8になりました。
合成結果
以前も書いたとおりに、猛撃8=飛将3ということで、これでUR飛将武将に並んだことになります。
レベルも300近くあるので、とりあえず4期の☆9糧村は素で取得できるようになったかなと。
兵士を作れば5期☆9糧村も取れますね。
29+30鯖でも3.5コスト飛将武将は持ってますがLV9まで上げられるかは運次第なので、
こういう保険を持っておくと精神的に楽です。

合成履歴を元に、UR関羽の猛撃レベルアップ方法は以下の通り。(修練は省略)
LV3→LV4:R魏延×2を購入して猛撃3を作って重ねる。
LV4→LV5:SR程普を購入して重ねる。
LV5→LV6:C張飛LV83に猛撃を付与してLV5まで上げて重ねる。
LV6→LV7:UC孫策LV115に猛撃を付与してLV6まで上げて重ねる。
LV7→LV8:C魏延LV96に猛撃を付与してLV7まで上げて重ねる。

極撃素材でもあるR魏延が以外と高かったという印象があります。SR程普は逆に安い印象が。
武神は本当に使いにくいのでレベリングスキルと単騎補助を兼ねられる猛撃付与は、良い選択だったと思います。
完成と書きつつ、修練は個人的にはLV9にしたいけど21-24鯖でのトラウマが・・・
ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

趙雲LV299は飛蹄進軍LV4を習得しました! in 29+30鯖

最近、mixi9-12鯖のデュエル王であるTTLOVE覇王様が「UR趙雲に飛蹄進軍つけたいんです。
と必死に頑張っている姿に感銘を受けたので、このタイミングで私も挑戦してみることにしました。

千里行LV8を削除してSR奇襲甘寧を取り出して、飛蹄進軍合成に挑戦です。
ちなみに、このSR奇襲甘寧は前回の呉SPで引いて放置しておいたものです。
残念ながら今回は29+30鯖ではあまりいいのが引けてません。
合成前のgyazoは余裕でスルーしたので、結果だけ。
UR趙雲合成成功
で、無事に飛蹄進軍LV4が付与されるという最高の結果に終わったので、800CPで移速振りしました。
仕様変更以来、ひさしぶりに目にする移速振りUR趙雲です。
大砲スキルにはあまり興味がありませんが、やっぱり飛蹄進軍はチートスキルですね。
移動速度振り
「これでデュエルは楽勝だぜ、ヒャッハー!」なんてことがありえないことは、散々考察しているので分かってますが、
出来ることはなるべくやろうかなと。とりあえずUR孫策(国士無双)をレベリングして火力を上乗せしたいと思います。
ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

デュエルデッキ公開 in 29+30鯖

そういえば、現在のデュエルデッキを公開してなかったので、簡単にご紹介しておきます。

ちなみに、私は他のデュエリストの方々のように、新たに再構築してリーグの頂点を目指すつもりはありません。
素人さんからレートを貰う仕事は当分続けますけど。

さて、デッキコストが2上がったとはいえ組み替えるつもりがないので、基本的にはそのままです。

スキルは移速特化のままです。千里行を消して飛蹄進軍に切り替えようかなとも思ったのですが、
スキルレベルALL8というのが美しいのでそのままにしてあります。
コストが0.5余ってますが、将来的には攻撃スロットにUR孫策(国士無双)をセットすればいいかなと。


簡単に説明。
メイン(UR趙雲):火力の方が大事なので攻撃振りに変更。一応レベリングしてます。
攻撃(SR楽進):SR姜維からSR楽進に変更しました。来期単騎筆頭の予定もあってレベリング中。
防御(SR劉禅):防御はもともと重視して無かったのとコストの都合でそのままです。レベリングは多分しません。
知力(Rホウ統):SR蔡琰は修行合成の餌になりました。知力は33.34超でOKですが、HPの都合でレベルが高いRホウ統先生を起用してあります。
移速(UR関羽):安定の移速16なんですが、私のデュエルの手抜きっぷりを反映してちょっと攻撃に振ってあります。
戦争中にめくり用として使った名残です。LV300+槍兵の猛撃8で4期の単騎武将としては十分になるので、レベリング中です。

かつて一世を風靡したUR趙雲も飛将には勝てません。
というわけで、勝てないなら戦わなければいいということで、全力で逃げ切ろうと思います。
ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

ブショーデュエル結果報告 in 29+30鯖 リーグ1雲南

予告どおりにブショーデュエルの結果をまとめてみます。
今回報告するのは、29+30鯖シーズン3(1/30~2/5)の21戦の結果です。
ちなみに勝敗自体は21戦21全勝でした。
飛将持ちとの対戦を避けるために2週間の休止を入れているので当然といったら当然ですが。
そして飛将持ちの集団に追いついてしまったら、また遠慮なくデュエル休止します。

ある意味で姑息な作戦ではありますけど、良心の呵責とかは一切ありません。
勝つために手段を選ばないのがデュエリストの基本だと思ってますし。

で、以下に21戦の結果を報告しておきます。
しかし、相手の兵種が馬が多くてデータ点数が少なくて残念でした。
それと私のメインはUR趙雲なので、馬武将になります。

移速(私)移速(相手)移速差兵種(相手)結果
1847.133.8813.3命中
2847.117.2829.9瞬殺
3847.158.2788.9瞬殺
4847.133.8813.3命中
5847.152.7794.4瞬殺
6847.138.1809.0瞬殺
7847.117.0830.1回避
8919.234.7884.5瞬殺
9919.218.2901.0瞬殺
10919.260.3858.9瞬殺
11968.750.6918.1瞬殺
12968.755.4913.3命中
13968.727.0941.7瞬殺
14968.729.6939.1瞬殺
15968.756.6912.1瞬殺
16968.740.7928.0瞬殺
17968.742.0926.7瞬殺
18968.766.5902.2瞬殺
19968.717.9950.8瞬殺
20968.729.1939.6瞬殺
21968.722.9945.8瞬殺

というわけで21戦の結果は、1勝3敗17無効試合でした。
正直データ数が少ないので、今週もリーグ2新野で検証を続けようと思います。
まあ、移速差800超でも槍飛将の先制攻撃をよけるのはきつそうな感じがするのですけど。

ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

飛将じゃんけん考察 その1

飛将じゃんけんの元ネタはこちらで。
ブショーデュエルの仕様変更から1週間ほどたちましたが、
現行のデュエルが飛将ゲーであることが広まってきた頃じゃないかなと思います。

というわけで今日はmixi29+30鯖を題材に、飛将じゃんけん考察をしてみようかなと。

飛将じゃんけんとは、飛将による一撃必殺構成と兵種による先攻後攻判定により、
槍飛将>馬飛将>弓飛将>槍飛将という強さの序列が付いている状態を指します。まさしく三すくみですね。

これに対して「ぼくのかんがえたさいきょーのぶしょー」を作るのはkanto覇王様に任せるとして、
普通の飛将持ちのプレイヤーはメタを読んでみてはどうかなと思って、今回考察してみることにしました。

まだデュエルはリーグ2新野なので、それほど煮詰まってないと思いますけど、
今後は飛将持ちの比率が高まってくると予想できるのでメタ読みの重要性も高まるかなと。

現行のデュエルのエントリーについておさらいしておくと、
・エントリーしたら1週間は続けてエントリーできる。
・武将がデッキの内外、出兵中でもデェエルにセットできる。
・リーグ内の君主同士でランダムに対戦する。
・メイン武将がデュエルの成績に表示される。

というわけで普通のプレイヤーは、手持ちの武将で最強構成のデッキを組んだら、
あとは1週間エントリーしっぱなしだと予想できます。
デュエルの構成なんてそう簡単に変わらないですし、そもそも変更するのは面倒ですからね。

ということは、リーグの成績で表示されるメイン武将を調べることで、
リーグ上位者(というか飛将持ち)の兵種の偏りを知ることが出来るのではないかと思われます。
もう少しちゃんとでやるなら、その上位者が☆9領地を1つ目の拠点にしているか否かとかで、
スクリーニングしてもいいのですけど、簡易調査なら上位陣のメイン武将調べるだけでよいでしょう。

今回はお試しということで、以下の条件で調べてみました。
・mixi29+30鯖 リーグ2新野
・第二シーズン上位陣(9勝0敗)の人を対象(計127人)

で調べた結果がこちらです。

槍58人(45.7%)
馬40人(31.4%)
弓27人(21.3%)
剣1人
不明1人
計127人

やはり、槍兵武将って人気あるんだなあというのが第一印象ですね。
純粋な単騎武将なら、メイン兵種関係なく適当な強い武将で作ればいいですが、
飛将+極撃とかのガチムチ構成にすると、メイン兵種と単騎武将の兵種が同じになるので。

さて上記の127人全てが飛将を絡めた一撃必殺構成と仮定して、先攻を取ったら勝ちとします。
同じ兵種の場合は、先攻を取れる確率は50%とします。さらに単純化のため回避は考えません。

この場合の勝率は、メイン武将の兵種によってこうなります。
槍:45.7%×0.5+31.4%=54.3%
馬:31.4%×0.5+21.3%=37%
弓:21.3%×0.5+45.7%=56.4%
というわけで、メイン武将には槍か弓が有利で、馬武将メインだと不利なのではと予想できます。
まあ単純すぎる仮定ですし、勝率も上記の通りとはとても思えませんが、
デッキ構成を考える上での一つの手がかりにはなるかなと。

現行のデュエルの仕様でリーグ上位に君臨するなら、飛将武将は必須かなと思うのですが、
兵種が異なる飛将武将を2種とか3種持っている廃人は、そういう観点で使い分けてみると面白いかもしれません。

こばやし覇王様も言ってますけど、現行の仕様における最強は
細かいところを調整して勝率を6割、7割と高めた先にあるのかなと思います。
そうなるとメタを読むのは十分戦術として使えるのではないかと。
新世代デュエリストの皆様、頑張ってみてください。
ブラウザ三国志・攻略ブログ

テーマ : ブラウザ三国志
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

KaichoX

Author:KaichoX
mixi35鯖でのNPC砦攻略の顛末を書いていましたが、無事に終わったので、現在は好きなように書いてます。

mixi21-24鯖メイン、29+30鯖サブでプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。